アルトのリフトアップスプリングの取り付けです。

以前にアルトワークスのサスペンションをローダウンにて取り付けしたお車です。

さて交換です。

サスペンション交換作業

ローダウンからのリフトアップスプリングの交換なので手順を考えておこなっていきます。
前回の取り付けでローダウンでの1G締めがしてありますのでリアは先にブッシュを緩めてからおこなっていきます。

スプリングが結構長いですね。

フロントはダストカバーが破れてしまっていますのでショックに巻き込まないようにカットして取り付けをしていきます。
バネは結構長いですね。バネの座りがあまり良くないスプリングなので組み込みをした時点ではバナナのように曲がっています。
1G状態では問題なさそうです。

同時にキャンバーボルトも取り付けをしていきます。

リアも長いですが取り付けは問題ないです。

スプリングの交換完了で1G締めをおこない取り付け作業完了です。

試乗できるレベルの数値では無いのでまずは四輪アライメント実施です。

 

四輪アライメント

かなりの数値ですね。
まずはキャンバーとトーの修正をしていきます。
沈み込ました感じを見て数値を見ていきます。
もともとアルトワークスのショックを組んでいますので車重から言ったら硬すぎのサスペンションにはなります。
アップスプリングでもっと硬さがでそうですがタイヤがオープンカントリーで硬めなので突き上げはタイヤでは無くショックが吸収してくれそうです。

数値を出して試乗です。

車高の高さ

ローダウンからのリフトアップなのでかなり上がった感じに見えますね。

試乗です。

やはり思っていた感じですね。
タイヤの硬さを感じません。
スタビレスなので悪路ではよいかもしれませんが硬さが道路の段差で動きにでますね。
ショックの硬さがあるのか揺れはさほど感じませんので走りやすい感じがしますね。

リフトアップも面白いですね。

 

それではこの度はありがとうございます。
また機会かございましたらご利用お待ちしております。

 

参考取り付け工賃 アップスプリング取り付け13200円(税込)四輪アライメント11000円(税込)