アルファードにHKSさんのスタイルGの取り付けです。

純正形状のショックとスプリングですね。

 

サスペンション交換作業

さて交換をしていきます。

純正部品はそのまま再使用で取り付けをおこなっていきます。
特別問題になりそうな箇所もなさそうです。
ダストカバーもAGH30からは破れにくくなりましたので走行距離で純正部品の交換はおこなっても良い感じですね。

ショックとスプリングを交換していきます。

HKSさんのスプリングは組付けしやすいので作業もスムーズです。

リアもショックとスプリングを交換していきます。

リアも特別問題な箇所もありません。
スプリングとショックを交換してブッシュを緩めて1G締めをおこなっていきます。

 

1G締め作業

最後に1G締め作業です。
この作業で動きも乗り心地も結構な変化がでますのでしっかりショックとスプリングが使えるようにしていきます。

 

締め直し完了で試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント

ダウン量はそこまで多くはありませんがそれでもリアのキャンバーは内減りが出る数値がでますね。
動きはだいぶHKSさんのサスペンションで制御されますのでタイヤの負担はでてくるでしょう。

あまり内減りが多いようであればエディーファクトリーさんのリアアッパーアームをおすすめいたします。

前後のトーとフロントのキャンバーを修正して数値もきれいになりました。

 

ショックとスプリング交換と四輪アライメント調整後のインプレッション

さて試乗です。

HKSさんは純正のタイヤサイズに乗り味がマッチしている感じがありますのでしっかりした感じがありながらの動きがあるので走りやすさはかなり出ている感じがします。

家族がいるけど走りは気になるって方には良い感じがしますね。

 

それではこの度はありがとうございます。
また機会かございましたらご利用お待ちしております。

 

参考取り付け工賃 サスペンション交換17600円(税込)四輪アライメント11000円(税込)