86にRS-Rのダウンサスの取り付けです。

ノーマル車からの取り付けです。

 

ダウンサス取り付け作業

もう86もかなりなれました。
工具も手順も自分なりに完璧になった車両です。

まずはフロントからです。

Ti2000はダウン量が結構あり車高が下がります。
街乗りベースならストロークは若干でも確保したいのでバンプはカットしていきます。
よく出る異音もこれで解消されます。

 

リアは最近はロアアームすら外しません。
ブッシュを緩めれば簡単に抜けます。
ブッシュを緩めないと全く抜けませんのでブッシュの効きって大事だなってこの車両をやるたびに思います。

リアもスプリングを変えて戻して1G締めです。

 

1G締め作業

最後にこの作業で1G締めをおこないます。
全箇所しっかり行って1G締め完了です。

 

試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

さて調整です。

リアのキャンバーがかなり付いていますね。
後期のRS-Rのダウンサスはダウン量が多いためダブルウイッシュボーンの場合はナチュラルについてしまいます。

トーの数値を修正していき少しでも内減りが出にくいようにはしますがキャンバーに対する内減りはでますね。

 

フロントはキャンバーが若干ですが調整できますが数値は街乗り対応です。
元々基準値は0なのでトーの数値の変化を見て数値変更していきます。

調整完了で試乗です。

 

ダウンサス取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

乗り心地はマイルドな感じで街乗りでしたら走りやすいと思います。
元々後期はマイルドなのでスプリングもあっている感じがありますね。

安定感や直進性などは向上しているのではないでしょうか。

 

それではこの度はありがとうございます。
また機会かございましたらご利用お待ちしております。

 

参考取り付け工賃 ダウンサス取り付け 17600円(税込)四輪アライメント調整11000円(税込)