コペンにショーワのサスペンションキットの取り付けです。

その他純正部品もご用意をされています。

さて取り付けですがご来店時ピットに入れてサスペンションを見てみると助手席側の前タイヤがかなり野ポジティブキャンバーとなっている感じがあります。

なにか問題がありそうです。

今回はロアアームやスタビバーブッシュなども交換をしていきます。

ロアアームはGMBの商品を使用していきます。

 

サスペンション交換作業

さて交換をしていきます。

サスペンションは純正ビルシュタイン仕様になっています。
お車を中古でご購入されたそうです。結構安かったそうでなにか問題があるのではと思っているそうです。

さてまずはフロントを組み付けていきます。
最初に純正部品をすべてご用意いただきましたので事前組をしていきます。
フロントはアッパーマウントも左右と位置がありますので間違えずに取り付けをする必要があります。

さてサスペンションを外して交換をしてロアアームやスタビバーを外していきます。
ロアアームの割りピンもついていなければナットも緩んでいます。
これってかなり危ない状態ではって感じになっています。
その他の個所はボルトが折れてしまうのではないかっていうくらいのちからでしまっています。
無事交換はできましたがなにか触っている感じがあります。

リアも同じく交換ですが締め付けはもうやばいくらいのちからです。

トーションビームブッシュのボルトはロックできるなってになっていますがそのロックが壊れても外れません。
ナット側もしっかりホールドして緩めていきます。
すごい力です。リアは異音が出ている感じがあったので色々締めて行った可能性がありますね。
異音はショックの下側のブッシュ部分が完全にちぎれています。
これは取り付け時に1Gで締めていないのが原因ですね。

怪しい個所が満載ですが無事交換部品は取り付けできました。

ほとんどの個所がリフレッシュできました。

 

四輪アライメント調整

1G締めを終えて四輪アライメント調整です。

やはりフロント左側のキャンバーは結構なポジになっています。
キャスターの数値は問題がありませんのでキャンバーの数値だけの問題な感じです。
調整幅は30分ほどありますがそれでもまだかなりのポジです。
ナックルまでの交換になると結構な金額になってきますので現状は試乗時まっすぐ走る感じはありましたので次回タイヤを見て外があまりにも減るのであればキャンバーボルトでの対応が安くあがるとおもいます。キャンバーボルトは強度や作りを考えるとアムテックス様のものをおすすめいたします。

さて調整して試乗です。

サスペンション交換と四輪アライメント調整後のインプレッション

さて試乗です。

良い感じのサスペンションです。ご来店時のガタガタ感などもなくなりしっかりした感じになりました。
キャンバーの左右差による動きの違いも街乗りでしたらそんなには気になりませんね。

リフレッシュは運転も楽しくなりますね。

 

それではこの度はありがとうございました。
また、何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃: サスペンション交換13200円(税込)ロアアームとスタビブッシュ交換8800円(税込)四輪アライメント11000円(税込)