アルテッツァにショートナックルの交換です。

中古品になりますので問題もでそうな気がします。

 

 

ナックル交換作業

ABSセンサーは無事外れましたので交換開始です。

さて前回JZX100のアッパーアームなどに交換をしていますのでナックルを外すことは問題なくできます。

まず問題です。ダストカバーの形が違います。これは交換をすればいいのですがハブは当然のように抜けません。ハブ交換は行っていないのでダストカバーは加工して取り外し交換をしていきます。
ここら辺はクラウンなどでも行いますので問題はないです。
続いてロングハブボルト装着車です。ハブボルトの打ち換えも必要になります。

やっと取り付け完了です。

思っていた以上に作業項目が増えてしまいました。

交換して四輪アライメント調整です。

キャンバーを前回で寝かしてほしいとのことです。

ご指定通り調整をしていきますがタイヤの外形とホイールが太いため狙いの数値にはいきましたが干渉の問題がでそうです。

全箇所可能箇所を調整して試乗するとやはり当たります。
この問題は車高を上げても解決は難しいです。ブレーキング時のヒットが大きいのでロアアームNO2を強化品に変えてブレーキング時の下がりを軽減させる方法、もしくはキャンバーをおこす方法になります。

ロアアームがキャスターと連動していますのでこういったことが起きてきますね。

まだ色々改善が必要になるかと思います。

そして差し入れありがとうございます。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。