ロードスターにブリッツの車高調の取り付けです。

車高の高さは推奨での取り付けです。
ロードスターは推奨の数値とほぼ同じ量のダウン量になりますので説明書どおりでいけます。

ブリッツ車高調

車高調取り付け作業

フロント車高調

フロントの車高調の取り付けからです。
外し方はお店で色々でしょうね。
まずはすべてのブッシュを緩めて作業開始です。

ブリッツの車高調は基本コンプリートですが仮組になりますので締め直しが必要です。
サスペンション交換をしてリアの取り付けです。

 

リア車高調

リアもブッシュをすべて緩めます。アンダーカバーは脱着が必要になります。

ブッシュを緩めれば簡単に抜きかえができますのでブリッツの車高調に交換して仮組み完了です。

 

車高を確認して1G締め作業です。

1G締め作業

1G締め

ブッシュ部分をすべて締め直しをおこないます。
ブリッツの車高調のストロークを皆さん気になされていますので確認してみたとことおおよそ前後ともに4cmほどありました。
バネレートは低めなので大きい動きでバンプの抑えが出る感じですね。

締め直し完了で四輪アライメントです。

車高の高さ

ノーマル車高 ロードスター
ローダウン車高

前後4cmのダウンですが思っていたより見た目が低く見えますね。
ローフォルムになるとスポーツカーらしさが全面にでてきますね。

 

四輪アライメント調整

四輪アライメント

四輪アライメント調整はワインディングまでの走行ができるようにセッティングをおこないます。

数値的にはいつもの初期セッティングでの数値でいきます。
調整箇所は前後のトーとキャンバーとキャスターです。
数値は純正数値とは変更をおこなって調整しました。

調整完了で試乗です。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

リアの揺れは若干でますね。なのでスポーツカーなのに樽型のスプリング仕様にしているんだと思いました。
タイヤが少し柔らかめのタイヤなので街乗りよりに感じますね。
せっかくのロードスターです。走れるセッティングの方が楽しいですね。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 車高調取り付け18000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)