メンバーボルトをSTIに交換したらハンドルセンターにずれがでたそうです。

四輪アライメント調整

さて測定値をだしてみるとハンドルセンターが変化する可能性のある数値はなく全体的な違いのみでした。
メンバーをずらすとトーの数値などに影響が出やすいので原因はいろいろあります。
ハンドルセンターのずれを修正しつつ四輪アライメント調整です。

今回はフロントのキャンバーが少し多くなっていてトーの数値は前後ともに多めのトーインです。
この影響はメンバーボルトの影響と言うよりは左右差をみるとさほどありませんので経年劣化での数値変動だと思いました。新車時の測定はおこなっておりませんので予測なので違うかもしれません。

今回はノーマル車両なので調整可能箇所はしっかりと調整します。
前後のトーとフロントのキャンバーの調整です。キャスターは若干の変化で左右差を詰めましたが調整できたと呼べる移動量ではありません。

数値も基準値にすべて収まりました。

試乗です。ハンドルセンターもコンピュータと変わらずの位置に来ましたので車両やタイヤ的問題はなさそうな感じですね。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取り付け工賃 四輪アライメント調整11000円(税別)