シエンタにTEINさんのハイテクの取り付けです。

TEINハイテク取り付け
先日はタナベさんのDF210の取り付けをおこなっておりますのでまた乗り心地の感覚がありますので乗り比べも楽しみです。

ダウンサス取り付け作業

シエンタサスペンション交換

TEINさんは説明書付属です。
まずは説明書を確認してバンプのカット量などを見ます。
TEINさんはカット位置指定がフロントにありました。
ダウン量はタナベさんの方が多いのにカット無しでTEINさんの方はカットありこの違いはどこにあるのか走ってみるとわかりました。

まずは取り付けです。

フロントはストラットになりますので交換はいつも通りサッと交換です。

リア取り付け作業 シエンタ

リアはトーションビームブッシュを緩めてショックを外して内張り外して取り外しできますのでそんなに大変では無いです。
リアはバンプカット無しなのでそのまま組み付けです。

取り付け完了のためにブッシュ部分を1G締めします。
フロントのロアアームブッシュとリアのトーションビームブッシュ、リアショックブッシュですね。

締め付け完了で試乗後四輪アライメント調整です。

車高の高さ

シエンタノーマル シエンタローダウン

先日のDF210と比べると車高のダウン量は少ないですが見た目の変化は結構ありますね。

四輪アライメント調整

シエンタ 四輪アライメント

四輪アライメント調整はフロントのみの調整になります。
やはりシエンタはローダウンでトーの数値が大きく変化します。
今回はホイールが少し、はみ出気味なのでキャンバーを少し付けてのセッティングでおこないます。
キャンバーの調整幅も40分ほどありましたのでご希望くらいで左右差をあわせて調整完了です。

キャンバーの量でのトーの数値の変化をさせて四輪アライメント調整完了です。

TEINハイテク取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

先日のDF210と比べると動きが全く違います。
DF210はかなり柔らかいのでバンプカットすると突き上げ感がかなりでる感じなのでメーカーもカット無しでのセッティング何であろうとおもいました。
TEINさんのハイテクはダウン量はDF210ほどはないのにカットです。こちらはスプリングの巻き方で沈み込みの動きが制御されている感じがありますのでショックの柔らかさもさほど感じまでんしストロークを出しても動きがしっかりした感じがあります。
メーカーさんの違いが面白いですね。

四輪アライメント調整でキャンバーを少し多めにつけていますのでタイヤは内側を確認してくださいね。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取付工賃

ダウンサス取り付け工賃16000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)