いつもありがとうございます。


前回はフロントのショートナックルとアッパーアーム調整式を取り付けさせていただきました。
ノーマル車からご来店のカスタマイズでここまで来ましたね。

今回はリアのアッパーアームとロアアーム交換に車高調の交換です。

ZSSアッパーアーム V36 車高調 V36

取り付けする車高調はT-DEMANDの車高調にZSSのリアアッパーアーム、メイガンレーシングのロアアームです。

まずは車高調取り付けです。

車高調取り付け作業

フロント車高調取り付けV36
T-DEMANDの車高調はピロアッパーが調整できホイールや加工ナックルの干渉を防げるようになっています。
車高もかなり低めのセッティングになりますので寝かして取り付けをおこないます。
フロント車高調
リアはショックとスプリングが一体式になります。
アッパーのナットのカミシロが少ない感じがしますが形状の関係で仕方ないのでしょうね。
純正スプリングがなくなりますので調整式のメイガンのロアアームを取り付けします。
商品は中古でロアアームのピロボールの幅とメンバーの幅がかなり違います。
仕方ないので3.2mmのワッシャーを3枚追加です。
これで遊びもなくなりました。
V36調整式アッパーアーム
リアアッパーアームも交換をします。
この交換ですがボールジョイント部分がかなり錆びておりナットを外すのに一苦労ありました。
その他の部分はメンバーダウンで特別苦労も無いです。
サビを削りなんとか緩めて外すことができました。
はずれない場合はナックルを外して行わないといけなくなりますので工賃もその分かかってしまいます。
無事外れて良かったですね。
アッパーボールジョイント逆付け
今回はフロントのメイガンレーシングのアッパーマウントのピロボールもお客様のご希望で逆付けします。

※ピロボールへの負荷が大きいと思いますので気おつけてくださいね。メーカーも保証対象外だそうです。

1G締め

車高も決めて1G締めして取り付け完了です。
AFSの取り付け穴が無いことや色々問題はありましたが無事装着できました。

四輪アライメント調整

V36四輪アライメント調整

最後に四輪アライメント調整です。
どうしても付けたいホイールがあってアーム交換まで踏み切ったそうですがリアのホイールはフェンダー加工しないとどうしても無理っぽいです。
今回はフロントは装着しましたがリアは次回に持ち越しです。
四輪アライメント調整もそのままではショートストローク過ぎてできませんした。ショックを外してタイヤを回せる状態にしてなんとかできました。
まだ地上高はそこまで低くは無いのでリフトにはなんとかはいれます。

調整箇所もかなりありますが今回はキャンバーの数値を11度で合わせてトーはこの車高のセッティングは決まっていますのでいつもの数値に調整です。
タイヤの限界な感じもしますね。

V36 ローダウン

あとはリアをどうするかですね。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。