アルトRSターボにスズキスポーツのスプリング交換です。

モンスタースポーツ

スズキスポーツは整備書の写しがそのまま入っていますので要所を確認しながら作業です。

サスペンション交換作業

アルトワークス サス

フロントのサスペンション交換です。
バンプラバーは前後カットは無しになっていますのでカットせずに取り付けです。
ダウン量も2cm程度なのでロール時のタッチも考えてのことだと思います。

アルトワークス リア

リアはトーションビームです。長さは純正とほぼ同じで異形レートのスプリングです。
線間密着のタイミングで段差での動きはマイルドになろようセッティングが施されています。

 

前後の取り付け完了で1G締めです。
1G箇所はフロントはロアアームブッシュ、リアはトーションビームブッシュとショックの取り付け部分ですね。
アルトは軽いのでこの作業だけでも乗り心地の変化はローダウン車にとってはかなりの違いが出てくると思います。

さて試乗と思ったのですがエンジンチェックランプ点灯です。特別何かを外したわけではないですが車両を出すときにバックギアにうまく入らずエラーが出た感じです。

コンサルトをつないでみるとAGS初期化不良とでていました。
アルトRSターボのAGSエラーです。
なぜこのエラーがでたのかは不明ですがまずは初期セッティングをコンサルトをつないでセッティングします。
その前に当店のスナップオンのコンサルトのバージョンをアップしていなかったので最新状態にして作業開始です。初期セッティングを行います。ミッションが「ガシャガシャ」言ってエンジンのONOFFやイグニッションのONOFFを行いながらセッティングされていきます。

セッティング完了がでてエンジンチェックランプも消えて通常走行可能になりました。
その後は問題も発生しません。なぜなったのか不明ですが現状は最新バージョンで調整完了です。

 

車高の変化

モンスタースポーツなので多少の変化ですが見た目は締まりますね。

さて四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

四輪アライメント アルトワークス

四輪アライメント調整箇所は前後のトーとキャンバーの調整になります。

このスズキスポーツのスプリングは純正よりマイルド感があるスプリングなので街乗り仕様とのことなのでさほど純正数値とは変更をせずロアアームの角度分のキャンバー修正で調整をおこないトーの数値を補正しました。
もともとサスペンション交換時の数値はかなり悪かったのでかなり走りもよくなります。

サスペンション交換と四輪アライメント調整後のインプレッション

スプリングは純正のスプリングよりセッティングがマイルド感があります。リアのスプリングの形状の違いもあるでしょうね。
少し純正が固いなーって思っている方はよいのではないでしょうか。

直進性も問題なしで街乗りは走りやすい感じがします。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃

ダウンサス取り付け工賃 12000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)