取り付けはRS-Rのハーフダウンです。

同時にG’s用のロアブレスバーのアーム用のブラケットも装着します。

前後別々でご購入されているそうで箱が別々だったのでまだスプリングの塗装のハゲも少なくすんでいました。

ダウンサス取り付け作業

ハーフダウンなのでダウン量は少なめの設定の商品です。

スプリングの長さは純正に比べて短いのでレートは少し上がっている可能性はありますね

リアは異形のタイプのスプリングで下側に細かいピッチがきます。

同時にブレスバーの取り付けです。

前後のアームを取り付けする台座のみ今回は取り付けします。

アーム自体は地上高が低くなってしまうので様子も見ての取り付けをおこなうそうです。

 

リアの台座です。

フロントの台座です。

この部分だけでは効果は特別なさそうな感じです。

部品装着完了で1G締めをおこない作業完了です。

車高の高さ

元々ノーマルがかなり車高が高いのでハーフダウンでもイメージはだいぶ変わりますね。

試乗後四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整です。

ハーフダウンでダウン量がすくなくとも数値はやはり悪いですね。

しっかり調整をおこないます。

調整箇所はフロントのキャンバーとトーの調整が可能です。

今回はハーフダウンで少し硬さがでましたのでキャンバーの数値も外減りに対応した数値に変更して調整をおこないました。

数値も整い試乗です。

 

ダウンサス取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

ハーフダウンでの取り付けでかたさも少しでていますので乗りやすい感じのスプリングです。

ダウン量が少ない分ストローク量も確保できていますので走りもよい感じです。

ブレスバーの違いはわかりませんでした。

つなぎ合わせるアームをつけると効果の体感ができそうですね。

 

それではこの度はありがとうございました。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け金額

ダウンサス取り付け工賃16000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)台座取り付け3000円(税別)