ヴェルファイアのANH20のG’sにブリッツの車高調ZZRダンパーの取り付けです。

ヴェルファイアのG’sは初めて見ました。

車高のダウン量は低めのセッティングのご依頼です。

G’Sはもともと車高が低い車両でメンバーブレースなども純正で入っているお車なので説明書通りには行きませんね。

車高調取り付け作業

車高の高さは最初は現状より2cmダウンでしたが急遽ご変更されまして結構低めのセッティングになりました。

ブリッツの車高調もフロントは直巻ではなく樽型のスプリングが仕様されています。乗り心地をワゴンに対応するためでしょうかね。

もともとブラケットの強度などショックの強度不足が感じられるメーカーなのでG’sのブレスバーがついたボディにショックの強度不足感がでなければいいのですが。

リアは写真を撮り忘れてしまいましたが車高の高さは全下げでの取り付けになりました。

1G締めをおこない取り付け作業完了です。

車高の高さ

フロア平行での仕上がりです。

タイヤサイズも大きくなっていますのでより低く見えます。

試乗後四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

20ヴェルファイアはフロントのみの調整になります。

リアはトーションビームになりますので調整不可になります。

フロントのキャンバーとトーの調整をおこないます。

ブリッツはストラットボルト穴が長穴になっておりキャンバーの調整が大幅にできます。

今回はフェンダーの隙間が狭いためいつもより少しネガティブキャンバーでのセッティングで調整をおこないます。

左右差を合わせてトーの数値も変更して調整作業完了です。

 

ブリッツ車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

車高の動きはフロントのスプリングが樽型もあって車高調っていう感じの乗り心地ではない感じですがショックが効いてるって言う感じもありません。

ですがストロークはありますのでここまでのローダウンでも通常走行でバンプタッチなどの感覚はありませんので乗りやすいです。

強度に関しましては街乗りではさほど感じませんでしたが高速道路などでは感じてくる気がします。

価格から言えば十分ですね。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取付工賃

車高調取り付け工賃18000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)