RS-Rのハーフダウンのダウンサスの取り付けです。

ダウン量が少ないモデルですね。

RS-R

さて取り付け開始です。

ダウンサス取り付け

フロントスプリング

まずはフロントです。

CX-8純正スプリングとRS-Rのスプリングを比べてみると1巻分少ない感じです。

さほどの長さの違いはないですね。

バンプラバーを見てみると純正でもある程度のタッチがある感じがありました。

今回少しカットしてバンプラバーの中間ぐらいにあるプラスチックの位置を1段上に変更しました。

こうすることで少しでもバンプタッチ時の感じを純正に近づけれると思います。

リアスプリング

リアも同じく1巻程度短い感じです。

リアのスプリング交換完了後1Gでの締め直しです。

1G締め作業

1G締め

フロントはアンダーカバーの脱着が必要になりますので脱着して締め直しをおこないリアは1G状態を作り上げて締め直しをします。

この車両はブッシュが多い車両なので変化はかなりでそうです。

車高の高さ

CX-8

車高の高さは前後33mmダウンで同じ量下がりました。

写真を見比べてもダウンしたことがわかりますね。車両が引き締まって見えます。

試乗で異音等がないかを確認してから四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整はフロントのキャンバーと前後のトーです。

CX-8はかなり大きく車重もありますので現状のリアキャンバーの量ですと少し内減りは出てくる可能性があります。

フロントのキャンバーも左右差をあわせて前後のトーの数値をキャンバーに合わせて調整をおこない作業完了です。

ダウンサス取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

フロントのストロークの感じを見ると深いストローク時はもともと純正でもバンプタッチする感じの設定だと思います。

RS-Rのスプリング交換時も深い段差ではバンプタッチはありますが気になり感じはありません。

乗り心地もいいです。

タイヤが22インチでなので少しコツコツ感はありますが乗りやすい感じだと思いました。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取付工賃

ダウンサス取り付け16000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)