クラウンにタナベの車高調の取り付けです。

現在もタナベの車高調がついていますが左リアのオイル漏れがあります。

車高調

現在のタナベの車高調は紫色の車高調なので一つ前の車高調ですね。

今回は赤色のサステックプロCRです。このモデルはフルタップ式では無い車高調なのでストローク確保が必要になります。

メーカー推奨を目安に取り付けをすると乗り心地は確保できると思います。

フロント車高調

アッパーマウントは純正仕様になりますので移し替えをおこないます。

現在の状態でヘルパースプリングは潰れている状態になります。

ネジ山おおよそ中間ぐらいになります、。

リア車高調

リアも同じくヘルパースプリング仕様です。

アッパーマウントも組み替えて取り付けです。

1G締め作業

1G締め

前回の取り付けは当店では無いですが締め直しは行っていない感じでしたね。

サスペンション交換をおこなうと1Gでの締め直しをこなっている車両はショックのボルトを抜いてもアームブッシュが効いて下がりませんがこの車両は取り付け時は純正の位置くらいまで下がりました。

しっかり全箇所締め直しをおこなうと乗り心地も全然変わってきます。

車高の高さ

車高

車高は今までと同じ車高でのセッティングです。

前のタイプの車高調と今回の車高調ですと今回の車高調の方が結構上げてのセッティングになりました。

試乗後四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整は前後のトーとキャスターの微調整になります。

キャンバーに関しましては調整不可になります。

前後のキャンバーは少し多いですね。フロントは内減りに注意が必要になります。

トーの数値を変化させてキャンバーの内減りに対応できるように数値を変化させます。

キャスターも微調整できる範囲で調整をおおこない数値もきれいになりました。

リアのオイル漏れがありますと動きが大きくなりショック以外にもブッシュなどに大きな負担がかかります。

ネジ位置左右同じで左右差もほとんどない状態で数値にも悪い数値もありませんので問題無い感じでした。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

現在の車高ならストロークも問題無いです。乗り味はかなりマイルドになりました。

ローダウンしてもこの乗り心地でしたらかなり良い感じの走りができると思います。

純正のショックはAVS機能がありますので減衰力の切り替えができますがこのモデルは無いです。

車高調の金額も結構低価格なので経年劣化などでの交換でもオススメですね。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取付工賃

車高調取り付け工賃18000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)