アクアG’sにブリッツのZZ-Rダンパーの装着です。

G’sはもともと車高が結構低いく乗り心地も通常のアクアとは違いますので車高の変化と乗り心地の変化がどうでるかですね。

ブリッツ車高調

ZZ-Rダンパーは減衰力32段の単筒式のショックです。今回は中間の減衰力で車高は指1本ほどのフェンダークリアランスで調整をします。

車高調取り付け作業

フロント車高調

まずはフロントの装着です。

ブリッツの車高調はいつも仮組みしかして無いのでロックシート等もしまっていません。

アクアはアッパーマウントとベアリングは純正仕様なのでどのみち締め付けが必要です。

ヴィッツなどと共用なのでプリロードなどは調整が必要です。

ほとんどブリッツの場合は説明書は取り付け部品以外数値はあてにならないので見ません。

リア車高調

リアもショックのストローク長や高さはこちらで調整します。

説明書だと恐ろしくショートストロークだったりと乗り心地が最適とは言えません。

車高の高さが決まれば1G締めをおこないます。

車高の変化

アクア アクア

G’sの車高はもともと低いので車高の変化も少ないです。

それでも車高は結構低いです。

試乗後四輪アライメント調整をおこないます。

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整

さて四輪アライメント調整はフロントのキャンバーとトーの調整をおこないます。

フロントのキャンバーはストラットボルト部分が長穴加工されていますのでキャンバーの数値は大幅の変更が可能です。

現状のタイヤがスポーツよりのハイグレードタイヤがついていますのである程度走りを想定しての数値にとも思いましたが街乗りがメインなので今回は車高の入れた意味がでるくらいのキャンバーにおさえて調整をおこないました。

トーの数値も変更し作業完了です。

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

タイヤの固さが目立つ感じですね。車高調の動きの方が弱く感じてしまいます。

減衰力をもう少し上げてもよさそうな感じがします。直進性などはかなり四輪アライメント調整で向上知ていると思います。

足回りとタイヤの種類のマッチングの重要性がわかる車両でした。

少し馴染んだら減衰力をよさそうな所を探すと乗り心地も好みに合わせれると思います。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取付工賃

車高調取り付け工賃 18000円(税別) 四輪アライメント調整 10000円(税別)