ノートにRS-R Ti2000のダウンサスの取り付けです。

e-power NISMOは初めての作業になります。

RS-R

巻が多くピッチがかなり細かいダウンサスです。最近の軽量スプリングとうたっているメーカーにしては珍しい巻き方です。

商品は中古でしたがきれいな商品っぽいです。

ダウンサス取り付け作業

ショック交換

まずはフロントからです。フロントはストラットでアッパーマウントはスイフトなどと同じ形状のアッパーマウント部分がゴムになっておりセンターの1本度目の足回りです。

バンプはダストカバーのことを考えると切れない形状なのカットはしません。

リアスプリング交換

リアはトーションビーム車両です。

リアもかなりピッチが細かいですね。カチャカチャ音がでなければいいのですが。

1Gで締め直しはリアのトーションビームとショックです。フロントのロアアームブッシュはこの車両は向きが横なのでできません。

車高の高さ

ローダウン2cm

車高は前後均等に2cmダウンだったと思います。

さて試乗です。

バンプまでのストロークは問題なさそうですが少し揺れがありますね。

密着部分でダウン量を稼いで荒巻部分でレートアップだと思いますので短いスプリングの用な感じになります。

なので乗り心地は少し固めのセッティングな感じです。

四輪アライメント調整

四輪アライメント

四輪アライメントの調整です。ニスモバーションは通常のノートと数値が違います。ニスモバーションのデータでとりますがローダウンしていてもフロントのキャンバーはメーカー推奨値の中間までもいきません。ストラットボルトでねかしても少し足りませんね。ノーマルの高さのときはどれくらいの数値かはわかりませんがエルグランドなどもそうですが結構ノーマル車でも日産は基準外が多いです。

できる範囲でしっかり調整をおこないます。フロントのトーとキャンバーをしっかりあわせて作業完了です。

基準値範囲内には収まっていますので数値的にはあまり問題は無いですが少し走りを意識した数値にはキャンバーは足りなかった感じになりました。

 

ダウンサス取り付けと四輪アライメントの調整後の試乗

RS-Rには珍しいタイプのスプリングです。少し揺れはでていますが直進性には問題は無く四輪アライメントの数値も問題なさそうです。

バネの巻き方が山道やワインディングでどう影響をしてくるかですがここまで巻き数が多いと反応はどうなって来るのかですが少し反応が遅い感じになるかもしれません。

確かめながら走行する方が良いと思います。

 

それではこの度は静岡県よりご来店ありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取付工賃

ダウンサス取り付け 16000円(税別) 四輪アライメントの調整10000円(税別)