ラパンにアップスプリングの取り付けと四輪アライメントにホイール組み込みです。

アップスプリングの設定があるのがビックリでした。

アップスプリングのメーカーは

KLC 轟リフトアップサスペンションです。

KYBのNEWSRショックとキャンバーボルトを同時に装着していきます。

サスペンションキット取り付け作業

純正のアッパーマウントとベアリングは再使用でおこないます。

アッパーマウントに少しガタがあります。今回はこのまま取り付けしますが異音がでだしたら交換が必要になります。

中国の文字のような袋に入ったキャンバーボルトです。構造はアムテックスですがネジの素材や色は違いますので模造品でしょうか。ボルトの強度など大丈夫でしょうか?

リアの交換です。この車両は4WDなのでリアにはデフがいます。

ラテラルロッドも同時に交換をおこないました。

左右差は結構でましたのでアップの場合は交換されると良いと思いますが長さがメーカー(トラスト)の許容範囲より5mm伸ばしての装着になりますのでお客様にご説明をさせていただきました。

車高のたかさ

上がりましたね。

現在はスタッドレスホイールでのご来店で今後のホイールも組み込みのご依頼をいただき組み込みさせていただきました。

ホイールはホットスタッフのホイールでタイヤは海外製のタイヤです。

ホイールは4WDホイールって感じのビートロックタイプのホイールですね。

組み付けバランスですがバランスがかなりやばい数値がでています。

軽自動車のホイールでウエイトをななりはらないとバランスがでません。

回して見ているとタイヤがかなりふっています。一応バランスはでましたがこういったタイヤは走行すると変形する可能性もありますので少し注意が必要です。

 

さて試乗です。

ショックも新品なのでしっかり感はありますが段差での突き上げがあります。

伸び側のストロークが少ししか無いのが原因でしょうね。全く無いわけでは無いので段差の少ない場所では乗り心地は良い感じです。

 

四輪アライメント

四輪アライメントはキャンバーボルトを取り付けしネガにできるようセッティングしましたので純正基準値までしっかり持っていくことができました。

トーの数値もキャンバーの変更により数値が大幅に狂っていましたので修正し四輪アライメント作業完了です。

 

アップスプリング取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

リフトアップによるふらつきは感じられません。

ショックが効いた感じがしますので乗りやすさがあります。スプリングもさほど固くないです。

直進性やコーナーでのロールも違和感なく走れます。

いろいろなスタイルがありますのでご自身にあったスタイルが見つかると楽しいですね。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしお願いいたします。

 

参考取り付け工賃

リフトアップスプリング取り付け12000円(税別)四輪アライメント10000円(税別) タイヤ組み付け別途工賃