アウディ2017年のA5です。

A5はリアの足回りが少し違いますね。

H&R

取り付けのスプリングはH&Rのスプリングです。

さて取り付けです。

ダウンサス取り付け作業

フロントサスペンション

A5はフロントはダブルウイッシュボーンです。

少し変わった形状でいつものアウディのバラシからとはこの車両だけすこし違います。

バンプラバーはタッチしない程度に加工をおこないますが通常のカットはできません。バップラバーはアッパーマウントに差し込みますのでカットして整形すればダストカバーも取り付けできます。

 

フロント装着完了です。

見た感じはさほど通常のアウディと変わりませんがショックは抜き取るのは少しコツがわからないと時間がかかります。

リアサスペンションの交換です。

リアサスペンション

リアは何台かは方法が見つからず時間がかかりましたが最近はどうでしょう左右で30分ほどで交換できるようになりました。

なれと構造がわかれば早いです。

リアのバンプラバーもカットをおこないます。

アウディはバンプラバーのダストカバーががっちりハマっていますので加工方法は通常とは違います。

1G締め

1G締め

1Gの時点でバンプまでの距離を図りましたがカットなしでは確実にバンプタッチです。

この一手間が乗り心地の向上に繋がります。

BMWはほとんどブッシュなので1Gでの乗り心地の変化はかなりの物です。

ダウンサスで乗り心地が悪いっていうのはストローク不足で乗り心地が悪いのかスプリングの性能なのかは取り付けがしっかりできてからですね。

ストロークがあれば乗り心地に問題ないメーカーはいっぱいありますがメーカーの開発がどの用になっているかにもよりますね。

最近の国産のスプリングはバンプのカット量まで書いてあるメーカーもあるくらいです。

 

さて取り付け後の試乗です。

柔らかいタイプのスプリングですがストロークは必要分はありますので乗り心地は快適です。

車高の高さ

A5 A5

結構下がりました。

H&Rのスプリングはまだ下がる可能性があります。

四輪アライメントの調整

A5 四輪アライメント

四輪アライメントです。

A5は前後のトーとリアのキャンバーの調整が可能です。

車両はクワトロなのでキャンバーは少しおき気味の数値ですがフロントのキャンバーはナチュラルについているのでリアのキャンバーはフロントに合うようにセッティングをおこないました。

トーの数値もタイヤのことを考えキャンバー量をみて変更をしました。

きれいな数値になりました。

ダウンサス取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

H&Rのスプリングはすこし柔らかいスプリングです。乗り心地はかなりまいるど になります。

A5はスポーツよりなのでもう少し固めでの楽しかったかもしれませんね。

ですがピッチング等もあまりありませんので運転は楽だと思います。

適度なストロークは大事ですね。

それではこの度は三重県よりご来店ありがとうございます。

そして

差し入れ A5

差し入れありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取付工賃

ダウンサス取り付け工賃25000円(税別)四輪アライメント15000円(税別)