TEINさんの車高調です。

フルタップモデルではないので車高の変化で乗り心地に変化でるモデルです。

説明書がないのでメーカー推奨がわかりません。

ご希望の車高に近づけるように調整を行っていきます。

TEIN車高調の取り付け作業

ストリートベイシス

中古の車高調になりますのでまずは組付けから見ながらおこないます。

アッパーマウントは純正品が装着されていましたのでそのままこの商品を使って装着します。

フロント車高調の取り付け

フロント車高調

フロント車高調の取り付けです。

現状組み付け時は写真ぐらいのネジ位置で組み付けましたがご希望車高にするためフロントはあと少しで全下げくらいにセッティングしました。

ストラットモデルで純正キャンバーボルト装着車なので同時に四輪アライメントは必要になります。

リア車高調の取り付け

リア車高調

リアの車高調の取り付けです。

リアはまたアッパーのネジがかなり固く緩めるのにかなり苦労しました。

車高の高さを調整するためリアはかなり上げています。

前後でプリロードはかなり違っています。

1G締め

1G締め

最後に1G締めを行って作業完了です。

かなり固い締め付けだっただけに締めるのも一苦労です。

しっかり締め終えて試乗です。

前後でやはり動きに異なりがあります。

リアの方が反発力がかなり強く感じるというかフロントが弱いというべきか中古で推奨がわからないのでなんとも言えません。

ですが動きの良いところで取り付けをするとかなり車高がアンバランスになってしまいます。

ローダウン

現状の車高の高さです。

前後平均的に下げていると思います。リアの反発力を緩めるかフロントに反発力を出すかをセッティングすると車高がかなりアンバランスになります。最近はフルタップ式の車高調が多くなっていますのでフルタップでない場合は何かに妥協が必要になってきます。

今回は車高の高さを取り乗り心地を少し犠牲にはしています。

リアの反発力は一人で乗っている場合は感じますがリアに荷重がかかるような荷物を積んだりする場合は反発力はちょうどよくなりそうです。

四輪アライメント

 

四輪アライメント

四輪アライメントはフロントはキャンバーボルト装着車なのでキャンバーの調整と前後のトーの調整が可能です。

車高の変化分を考えての調整をおこないました。

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

全体的に柔らかい印象です。

TEINさんのストリートベイシスシリーズは基本的に柔らかいです。動きからすると純正よりよく動く感じの足回りになります。スバル車はもともと固めの足回りなのでイメージは変わってしまうかもしれません。

フロントは少し動きが大きく、リアは動きが早い感じが若干します。スプリングが直巻ではないのでバネの変更もなかなか難しいと思います。

うーんって悩める車高調でした。

車高のご希望とストロークはギリギリの範囲で残してありますので現状では最適だと思います。

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしお願いいたします。

参考取り付け工賃

車高調取り付け工賃18000円(税別)四輪アライメント10000円(税別)