ブリッツのZZ-Rダンパーの取り付けと四輪アライメントです。

ブリッツの車高調は人気がありますね。

車高調取り付け作業

ブリッツ車高調

ブリッツの車高調はコンプリートですが締め付けトルクがおこなわれていないので取り付け前に締め直しをおこないます。

フロント車高調の取り付け

車高調整

RX-8はフロントはダブルウイッシュボーンになります。

アッパーアームを外して交換するんですよ。後で1Gの締め直しをおこないますので仮の取り付けをしておきます。

マルチリンクやダブルウイッシュボーンのブッシュで形成されている車両はブッシュの締め直し1つで乗り心地が変わってしまいますし車両のブッシュの破損にもつながりますのでしっかり行う必要があります。

リア車高調取り付け

車高調取り付け

リアはマルチリンクの車両です。

リアも同じくブッシュ部分はすべて緩めての取り付けです。

ブリッツの車高調はアッパーまですべてついていますがRX-8は下からアッパーマウントを1箇所ボルトで止めます。

マウントの厚みが純正よりかなり分厚いのでボルトも2山ほどしかかみません。ブリッツさんご存知なんでしょか。

室内の減衰力延長ダイアルも取り付けて車高の高さを微調整して1Gの締め直しをおこないます。

1G締め直し作業

RX-8

足回り交換で最近の車両は一番大事な作業だと思います。

ブッシュの動きが乗り心地と車高調の動きにかなり作用しますのでしっかりやればそれだけ車高調の動きがわかります。

1G締めが終われば試乗です。

RX-8の場合はリアはアームを外しての交換が早いので数値はかなりひどい状態になります。

なので動きの確認程度しか四輪アライメント前はできませんでした。

RX-8

車高の高さも程よいダイんで中々決まっていますね。

四輪アライメント調整

 

四輪アライメント

さて四輪アライメント調整ですがこの車両のフロントのロアアームのブッシュに問題がありキャンバーのブッシュが固着で回りません。

今回はキャスターのカムも利用して少しでもベストな状態に持っていきます。

少しフロントのキャンバーは街乗りでは多めですが乗れないレベルのキャンバーでは無い所までは左右差も埋めることができました。

リアはフロントに合わせての調整になりました。

フロントのロアアームを交換しようと思うとメンバーも交換しないとこの車両はできないかもしれないです。

今回はこの数値で様子見ですね。

 

車高調取り付けと四輪アライメント後のインプレッション

 

数値も整っていますので走りやすさは問題なしです。キャンバーの量も問題ないです。

動きもしっかりありますので走りやすいです。サーキットには少し柔らかい感じもしますが減衰力でどこまで補えるかですね。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取付工賃

車高調取り付け工賃18000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)