SPOONリジカラ

インテグラDC5にSPOONのリジカラの装着です。

以前は四輪アライメントでご利用頂きありがとうございます。

もう結構手の入った車両なので交換はどうでしょうね。

リジカラ取り付け作業

リアリジカラ

まずはリアからです。

インテグラはサブフレームでは無くボディに直接アッパーアームとロアアームが止まります。

その部分にリジカラを装着します。

この部分は根本の部分がブッシュになっていますのでブッシュで動きに違いが出てしまう気もします。

ボディ側の影響はどうなんでしょう。

続いてフロントの装着です。

フロントリジカラ

フロントはサブフレームがあります。かなり大型のサブフレームになります。

エンジンマウントを外してメンバーを下げれば簡単に装着はできます。

フロントに関しましてはかなり大きいメンバーのボルト穴を塞ぎますので効果はありそうな気がします。

トルク管理をして取り付け作業完了です。

最後に四輪アライメントの実施です。

四輪アライメント

四輪アライメント

今回は車高の変化などもおこなっているそうです。

作業前の点検で車高調のフルタップのロックシートの緩みがありましたのでその部分は締め直しをおこないました。この部分は色々なメーカーストラットタイプは大体100ニュートンほどなのでしっかり締めておきましょうね。

その他タイロッドにガタがあります。車検時にも言われているそうです。J’sレーシングのタイロッドがついています。この商品はキャンバーが4度近くで使う商品なので現状のキャンバーではノーマルでも問題は無いと思います。ガタは走行時の数値に影響がでますので今後の対策は必要ですね。

さて四輪アライメントです。

タイロッドにガタはありますが今回仕様変更をしますのでとりあえずは調整します。

車高調もJ’sレーシングの車高調ですがキャンバーは最大のネガで3度ほどでした。今回は2度30分にセッティングです。タイロッドは現状であればノーマルで問題ないですね。

トーは前後指定の数値に調整をおこない作業完了です。

走行時少なくともガタの影響はあると思います。

車高調のブラケットが緩んでいても数値の変化はありますのでそこは直せましたので問題無くなりますね。

さてリジカラの効果ですが今回は四輪アライメントの数値変更なども行っておりますのでなかなか改造車は体感は難しいです。

御本人様でしたらどこかの速度域に変化がでているのに気づくかもしれませんね。

リジカラはもともと大きな変化を望むものでは無いで微妙な変化を感じるのも車両がよくわかり楽しいですね。

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取付工賃 リジカラ取付18000円(税別)四輪アライメント10000円(税別)