ゴルフ7にのスプリングの取り付けです。

説明書ありでまずは説明書を確認して取り付けします。

中古でバンプラバーもついていますね。

 

ダウンサス取り付け作業

まずはフロントから取り付けを行っていきます。
フロントは皆さん外し方はいろいろですが当店はナックルごと外していきます。
外していつも通り交換をしていきます。

入っていたバンプラバーもグレード違いの純正です。
フロントは少し短い感じの長さです。

 

続いてリアです。

リアはスプリングだけ交換なら簡単なんですが1G締めがありますので時間もそれなりにかかります。

スプリング変えて1G締めをしていきます。

 

1G締め作業

さて1G締め作業です。

この時点でリアのバンプラバーの距離を確認していきます。
ショックまでの距離はおおよそ5mm程度しかありません。
これではすぐにバンプタッチしていきます。
入っていたバンプラバーも同じ長さになりますので今回はバンプカットをしてストロークを出していきます。

ストローク確保して1G締めして作業完了です。

車高の高さ

車高は前後3cmほど下がりました。
COXのスプリングにしてはよく下がりました。

 

試乗後四輪アライメントです。

 

四輪アライメント調整

さて調整です。

フロントキャンバーは結構多めについていますので多少内減りはでてしまいそうなのでトーの数値は多少変更していきます。

リアはキャンバーもトーも調整できストロークもあり推奨値より少しの変更で今回は調整をおこないました。

数値もきれいになりました。

 

試乗です。

COXのスプリングはノーマルのような乗り心地でしっかり感があるスプリングですね。
少し硬さがあるのがまたサスペンション交換した感じを出していると思いました。

直進性も良い感じでバンプタッチまでの余裕がでていますので走りやすいと思います。

作業は完了したのですが異音が発生しました。

確認をしましたがボルト・ナットの緩みなどもありません。
異音は運転席のアッパーマウント付近から音が感じられますが内張り付近や色々なところから伝わってしまってイマイチわかりません。
運転席側をとりあえず外して確認しますが組付け不要などもありません。
ばらしてアッパーとスプリングのあたりのいちも見るとスプリングの角がアッパーベアリングのアルミのプレート部分に食い込んでいるあとがあります。
この部分の可能性もありますのでサイレントチューブを巻いて対応して組付け戻して試乗です。
異音はでません。
これで完治かはわかりませんがとりあえずはOKな感じです。
最初付けたときの異音はなく少し走行してからの異音なので様子見が必要になります。
これはスプリングのロア側が位置が固定されますのでアッパー側のスプリングの末端の位置に問題があるきもしますが・・・

 

それではこの度はありがとうございました。
また、何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取り付け工賃:ダウンサス取り付け27500円(税込)四輪アライメント16500円(税込)