新車のお車でノーマル車です。

気づいたら左の後ろのタイヤがパンクしていたそうです。
新品タイヤに交換したそうですが何か気になるので1G締めと四輪アライメント調整のご依頼をいただきました。

1G締め作業

まずはブッシュを正常な状態にしていきます。

ブッシュの動きを見るとそこまで左右差のある感じの動きは見当たりませんでした。
まずは全箇所ブッシュ部分はしっかりとおこない四輪アライメント数値を見てみます。

 

四輪アライメント

数値ですがパンクでの影響などはなくよくある新車の数値です。
新車でも基準値ギリギリで左右差ギリギリなどもあります。
今回もそういった箇所もありますのでしっかり補正していきます。

今回は純正のライドハイドでの数値でとっていきます。

すべて基準値中央で調整完了です。

基準値にはメーカーより許容範囲があるんです。
この範囲内で左右差の誤差も許容範囲がありますので収まっていれば問題はないという見解です。

ですがロードスターのようなスポーツ車両ですとその違いも感じられる方が見えます。
まずはしっかり合わせることで違和感が解決する場合もありますね。

 

試乗です。

応答能力はかなり変化が出たと思います。

道路の傾きでもハンドルはしっかり真ん中を維持してくれるようになったと思います。
動きも大事ですし数値も大事ですね。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 1G締め6600円(税込)四輪アライメント調整11000円(税込)