以前に四輪アライメント調整を実施させていただきましたアウディの1G締めと四輪アライメント調整です。

いつもありがとうございます。

今回はサスペンションの使用変更などをおこなった車です。

サスペンションはチャクリキの車高調仕様になっています。

1G締め作業

 

さてアウディは大型ブッシュが使われていますので変化等は結構でそうな感じです。
やりにくい箇所は何か所かはあります。
車高調のワッシャーの位置が違うことなどはありましたが取り付け店に確認してもらうとして1G締めは完了です。

 

四輪アライメント調整

アウディ四輪アライメント調整

さて四輪アライメント調整です。

今回の数値は前回の数値との比べとタイヤの状況も見ていきます。
フロントタイヤは内側の段減りが若干でています。
今回は数値変更をもう少ししていきます。
フロントキャンバーは車高の高さもあり結構多いので内減りはでますが段減りは軽減はできます。
段減りがあればこじっているということです。こじれ方を見れば方向性はわかりますね。
それでも車高調の動きの固さや車の特徴がありますので必ずしも治るわけではないですがよくはなります。

リアはフロントのキャンバーを考えてスタイルも重視して調整をしていきます。
リアタイヤの減り方は結構均等です。トーの数値の変化は前回変化させた状態とさほど変更はせず調整をしていきます。

調整完了です。

 

試乗です。

チャクリキのサスペンションは国産車の乗り味にように感じますね。
バネレートを上げたせいもありますね。
ボディ剛性が高い車なので十分乗れますね。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 1G締め11000円(税込)四輪アライメント調整16500円(税込)