レヴォーグにSTIのラテラルリンクとメンバーボルトにスペーサーの取り付けです。

この組み合わせ最近多いですね。

レヴォーグ

リアの動きの変化はかなりあります。

 

STIパーツ取り付け

まずは部品をつけていきます。
付けるのはさほど苦労もありません。STIのリンクは中古ですがワッシャもついていたので問題ありません。

フロントもメンバーボルト交換をご依頼いただきましたので交換します。

 

同時に初めて取り付けする部品ですが

ステアリングダンプナーロックダウンという部品の取り付けです。
ステアリングシャフトに挟み込みパーツです。
取り付けは簡単ですが効果はどのようにでるのかですね。

取り付け部品をつけて作業を完成させるには1G締めをおこないます。

1G締め作業

メンバーもしっかり1G締めでおこないます。
外した部分を締め直し作業完了です。

 

試乗後四輪アライメントです。

四輪アライメント調整

以前も四輪アライメント調整などを実施していますのでデータを見ながら調整をしていきます。
リアの動きの変化はでるのですがまずは変更は無しで以前の状態に調整していきます。
フロントはメンバーボルトを交換していますが少しのずれなので修正します

リアはリンク交換していますので数値は狂っていますね。

調整して作業完了です。

 

試乗です。

リアのマイルド感は結構出ている感じがしますがステアリングの細かい動きにダイレクト感が出た感じがします。
ハンドルの動きがなんだか少し昔の車っていう感じで何だろう?シビアになったと言えは聞こえはいい感でしょうか。
色々な部品がありますね。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします