シビックにダウンサスの取り付けと四輪アライメント調整です。

ダウンサスはタナベさんのスポーツ用のダウンサス GT FUNTORIDE SPRINGです。

乗り心地はスポーツよりのスプリングですね。

その前に今回はこの車両はTEINさんの車高調とEDFCがついています。
これをすべて脱着していきます。

まずはEDFCとモーターなどを外しますが・・当店の取り付けではないので取り回し方法が違います。
フロントに関しましてはEDFCアクティブなのでそこまで大変ではないですね。
ヒューズボックスより電源がとってありますんでアースと電源を外して本体を外していきます。
本体は両面テープが外れて落ちていますね。

リアは当店とは取り回しが違います。
リアの一番うしろまで持ってきてあり本体が挟み込みんであります。
リアのパネルを外すと落ちてきました。
電源はリアのシガーソケットよりとってありましたのでリア側を外して取り外します。

あとはメーターなどですがこの車両は結構バラさないといけないので外していきますが多分ですが簡単にやろうと内張りを無理やり外したあとがあります。
今回は外して治そうとこころ見ましたがツメがない部分もあるので無理でした。

戻してしまえば見た目はわかりませんね。

やっとサスペンション交換に取りかかれます。

さて純正のショックにGT FUNTORIDE SPRINGのスプリングを取り付けしていきますがアッパーマウントのボルトが1本折れてありません。

なんてことって感じです。

アッパーのボルトは圧入なのでこのままでは当然ですが戻せません。
まずは折れたボルトをプレスで抜き取り代わりの通常のボルトを入れます。
これではボルトの頭がベアリングとアッパーシートにあたってしまうのでまずはボルトの頭を半分くらい削り取ります。
これでなんとか回るようになりました。

あとは削った箇所を塗装固定してスプリングを変えて交換をしていきます。

フロントはやっと完了です。

リアはボルトナットの締め付けがかなり硬いくらいで問題はなく交換できました。

交換して1G締めです。

1G締め作業

さて締め直しをしていきます。

車高はライドハイドを見る限りでは低そうですね。
タイヤをつけて車高を見るのや新しいスプリングは試乗が楽しみです。

 

車高の高さ

思っていたより低いです。車高調からの交換なので純正よりどれだけ下がったかはわかりませんがいつものFK7のノーマルを見るよりはかなり下がっています。

この車高ダウン量でバンプカットなしです。

 

四輪アライメント調整

まずはアライメントを見ていきます。

リアのトーがめいいっぱいでも基準値に入ってこないのでメンバーのいちをずらしてまずは数値を収めるところまで持っていきます。なんとか基準値に入りました。

フロントは交換時にロックピンを外していますので多少の左右差を取るくらいのキャンバーの調整が可能となります。

左右をあわせてトーを修正して作業完了です。

 

GT FUNTORIDE SPRING取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

さて試乗です。

バンプラバーのカットをしない意味が乗り味でわかりますね。
バンプラバーもしっかり使っていく感じですね。
深い段差では少しボヨ付きはありそうですが機敏に走るスプリングという意味がわかります。

少ししっかり したい方にはおすすめだと思います。
SPOONのスプリングよりは結構しっかり感が出ている感じなので柔らかい感じが良い方はSPOON硬めが言い方はタナベさんでも良いかもしれませんね。

 

それではこの度はありがとうございます。
また機会かございましたらご利用お待ちしております。

 

参考取り付け工賃 ダウンサス取り付け17600円(税込)EDFC脱着とボルト修正は17600円(税込)四輪アライメント調整11000円(税込)