ジムニーに2インチアップキットの取り付けです。

詳細はショックとスプリングにブレーキホース4箇所、キャスターブッシュにその他の補正パーツです。

 

サスペンション交換作業

まずはいつもどおりにはずして行きます。
手順を間違えると交換のスピードに問題がでますのでいつも手順どおりに行っていきます。
キャスタブッシュの打ち替えです。

抜く作業はいともと同じなんですが入れるのが結構入りにくいです。
このウレタンブッシュのような商品はいつもそこまでの苦労なく入っていたのですが今日のは大変でした。
それでも特別問題なく交換できました。

あとはショックとスプリングを交換します。
この作業はいつもどおりで苦労なしです。

スタビの延長ブラケットがあります。
バンパーカットはなしでタッピングビスを外してタイラップ止めにして対応をします。

そのほかクロスメンバーダウンとエアロッキングホースの交換などをします。
ホースは長さをあわせてデフに近寄らないように取り付けをしていきます。

何だか説明書にない手直しの方がかなり多い気がします。

リアも交換してブレーキホース4箇所交換をしてエア抜きをしてラテラルロッドを交換して調整して1G締めで締め直しをして取り付け完了です。

 

やることいっぱいでした。

 

車高の高さ

ノーマル車高
2インチアップ車高

 

やっぱり見た目はリフトアップかっこいいですね。

 

四輪アライメント

 

最後にかなりずれているハンドルセンターの修正をしていきます。
この修正をしないとエラー表示もでますしまっすぐも走れません。
まずは修正してトー角の数値も動きに合わせて変更をしていきます。

 

 

リフトアップと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

柔らかさがでているサスペンションで動きがありますのえやはりロール感もでます。
ですが四輪アライメントの数値変更で巻き込みもかなり少なくなりロードはかなり走りやすくなったと思います。

ジムニーは数値の違いが結構運転に出やすいので巻き込みが気になるなって方は数値の変更もありだと思います。

 

それではこの度はありがとうございます。
また機会がございましたらご利用お待ち致しております。