ジェイドにブリッツの車高調の取り付けです。

リアは減衰力ダイアル用に穴あけ加工が必要になります。

車高は現況よりダウンで最低地上高確保です。

 

車高調取り付け作業

さてまずはフロントです。

フロントはタワーバーが付いていますのでワイパー周りの脱着が必要になります。

さてアッパーマウントのナットを外すのですがこれまたかなり固くしかも違うナットでもついています。
締めすぎですね。
何とか折れずに外れましたが2本くらいはネジが伸びています。

さて交換ですがABSを止めるクリップもビニールテープで止めてあり外れてしまっていますしブレーキホースを止めてあるボルトは片側締まっていません。外れる寸前でかろうじてボルトは残っていました。

交換していきます。キャンバーボルトが入っていますのでノーマルに戻していきます。
キャンバーボルトも取り付けした理由がホイールの出面だそうですが下側に取り付けがしてありホイールは外に出てくる方のセッティングですこれではほとんどホイールは内側に移動しません。
もんだいだらけですね。

リアはアッパーのボルトにグリスがべたべたに塗ってあります。
なぜ塗ってあるかを考えるとジェイドは内張りの奥にナットがあり取り付けの際に落ちてしまうのでグリスを塗って落ちないようにナットを工具に引っ付けて行ったんでしょうね。
締め付け問題などは考えないということなんでしょうね。最近ではCRCですらトルクが変わるのでねじ部分には使わないのに・・・

なんだか大変な車両でしたが無事減衰力ダイアル加工もして取り付けできました。
車高を合わせて1G締めです。

 

車高の高さ

フェンダーの幅は同じにしていますがタイヤの外形の違いもありますのでフロアは1.5cmほど前下がりです。

1G締め作業

最後に締め直しをしていきます。
フロントのロアアームがサスペンション側からおこないますのでタイヤは外しておこないます。

締め付け完了で作業完了です。

試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

さて調整です。

調整可能箇所は前後のトーとフロントのキャンバーです。

 

リアのキャンバーはかなりついていますので内減りはでてきますのでタイヤは必ず内側を確認してください。
動きはそれなりにブリッツの車高調仕様でもありますのでトーの数値は変更して安定感をだしていきます。

フロントのキャンバーは少し多めになりますが許容範囲です。
ホイールの出面をギリギリにしてトーを変更して作業完了です。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

さて試乗です。

ホイールは19インチで減衰力中間で十分車高調が動かせます。
タイヤの硬さも気になりませんし走りやすいのではないでしょうか。

ここからの動きは好みになりますので減衰力を色々合わせて好みを見つけるのが良いと思います。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 車高調取り付け20100円(税込)+付属スタビリンク取り付け+1100円(税込)リア穴あけ加工+3300円(税込)四輪アライメント調整11000円(税込)