アルトワークスにTEINさんの車高調FLEX-Zの取り付けとモンスタースポーツのシフトノブの交換です。

まずはシフトノブの交換ですがアルトワークスは差し込み式のシフトノブになります。
温めて取ります。
ヒートガンで溶けない程度に温めます。温めるといってもシフトノブが手で触れないほどに温めないと抜けないので結構手間のかかる商品です。

同じくモンスターの商品を入れるときも温めてから入れます。
入ってしまえばあとは細いねじで固定して完了です。

 

続いて車高調の取り付けです。

 

TEIN車高調取り付け作業

さて車高の高さは指1本半ほどで調整をしていきます。
TEINさんの説明書を見ると下がりすぎてしまう感じですがどうでしょうか。

 

フロントはABSの配線の取り回しが変わります。
これって14インチなどにインチダウンするとABSの線に当たってしまいそうです。

今回はタイラップでショック自体に固定していますが位置的に厳しいかもしれませんのでスタッドレスインチダウン時は確認してつけたほうがよさそうです。

 

リアかなり短いスプリングをつけていきます。
ショックのストロークはあとで調整をしますのでとりあえず仮組で車高を合わせます。

 

車高の高さ

車高は指1本半ほどでリアはあと5mmほどの調整しか残りません。
フロントは調整に余裕があります。推奨より3mmダウンさせています。

 

車高が決まれば1G締め作業です。

 

同時に光軸ステーも交換をして取り付け作業完了です。

 

試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

試乗時にかなりのタイヤの抵抗を感じました。数値を見てみるとかなりのトーアウトになっています。
キャンバーが基準値程度まで起きていて車高の変化がロアアームの角度が変われば当然の数値ですね。
さてキャンバーの変更をしてトーの数値を調整していきます。

キャンバー調整機能はありませんがストラット部分のガタである程度までの調整はできます。
ローダウン分までの調整はガタが少ないので難しいですが走りに影響が出ない程度までは調整ができました。

 

トーを修正して作業完了です。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

さて試乗です。

走りは減衰力10段戻しでマイルドな感じです。
純正より初期は弱い感じなので街乗りでは柔らかめになります。
走りやすい感じの車高調だと思いました。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 シフトノブ交換3300円(税込)光軸ステー1100円(税込)四輪アライメント調整11000円(税込)車高調取り付け15700円(税込)