ミライに車高調取り付けです。

新型のJPD20は結構大変な車両です。

車高の高さはフェンダー指1本ほどですがホイールが結構きついのであまり下げるとあたりそうです。
ダウンした状態のキャンバー量を見て決めていきます。

 

車高調取り付け作業

フロントはクラウンなどと同じなので取り付けはさほど苦労はありません。
いつものクラウンと同じ方法で交換をしていきます。
ブッシュを止めているボルトのサイズも大きいので作業が増えてくるようであれば工具も追加が必要になってくるなぁって思います。

 

この車両はジャッキポイントの幅がかなり広いため当店のリフトでは前後別々での作業です。
上げるだけでも結構大変な車両です。

リアです。

リアはかなり大変です。
まだやり方を確立していないので探りながらの作業です。
外すアームが簡単でなおかつサスペションが外れやすい方法を探し中です。

さて交換完了です。

シートを戻して車高調整です。

 

車高調整

この車両はもともとフロントの左右差が1cmほどありました。
ノーマルでしたらさほどわかりませんがローダウンをするとわかってしまいます。
アジャスターで左右差を合わせて全体のバランスを見ます。
フロア前5mm下げくらいで見栄えもよい感じになりました。

 

1G締め作業

最後に1G締め作業です。

リアはかなりやりにくいですが全箇所無事できました。
慣れるまでこのサスペンションは時間がかかりそうです。

 

四輪アライメント調整

さて四輪アライメント調整です。

前後のトーの調整が可能です。

リアのキャンバーはそこまでやはりついてはいませんね。
前後のバランスは良い感じですがフロントのキャンバーは多めになりますので内減りは覚悟が必要です。

前後のトーの修正をして作業完了です。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

試乗です。

乗り心地は中々良い感じだと思います。インチアップにも十分対応している感じで走りやすいと思います。
直進性もよい感じです。

タイヤは内側の確認でよろしくお願いいたします。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。