オートエグゼの車高調の取り付けです。

オートエグゼは純正アッパーマウント仕様になります。

同時にゴムパーツはお持ち込みをいただいておりますので交換をしていきます。

 

車高調取り付け作業

まずは車高調取り付けです。

車高の高さはオートエグゼの指定する調整量めいいっぱいに調整をしていきます。

それでもダウン量は20mm程度となりますのでローダウン目的では少し少な目の車両ですがマツダフリークには外せないパーツですね。

 

さてアッパーマウントは再使用をしていきますので外していきます。
交換部品なのでよいのですがダストカバーは切れてしまっています。


さて切れたダストカバーの部分はどこにいったのかというとバンプラバーの中に巻きこんでいます。
今回はバンプのみに巻き込みでしたがよくトヨタ車でショックのOIL漏れが出だしてきている原因としてこのカスがロッドに絡まりショッの中に入ってしまいOIL漏れを起こしてしまいます。

危険な状態ですね。この状態ですとバンプラバーがロックしてしまっていますんので乗り心地もかなり悪いでしょうね。

皆さんも点検してみるとよいと思いますよ。

前後サスペンション交換をして1G締め作業です。

 

1G締め作業

ロードスターの1G締めは数は多いですがトルクレンチは2本で完了できますのでそこまで大変ではないですね。
下回りのトルクレンチ1種類アッパーマウントの取り付けボルトにトルクレンチ1本です。

工具を変える手間も結構時間がかかりますのでロードスターが早い作業でできるのもこういった経験部分ですね。

 

車高の高さ

車高は前後20mmダウンですね。
走行距離が多めなので新車時でのデータよりはダウン量が少ないのかもしれませんね。

 

試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

仕様は街乗りメインの軽いワインディングです。

キャンバーもトーも数値は純正数値より変更をしていきます。
キャスターは好みがでますのでまずは推奨で行います。

数値の変更で走りのイメージもかなり変わってきますが車高調をいれたからには走る楽しさも当然ですが欲しいですね。

全箇所調整をして作業完了です。

 

オートエグゼ車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

さて試乗です。

乗り心地は車高調というよりはショックとスプリング交換といったイメージの方がこの場合は強いですね。
スプリングが直巻きではないので街乗りもしっかり確保されています。

数値の変更でクイック感もかなり良い感じになっていると思いました。

現状のタイヤがエコタイヤなのでもう少しグリップタイヤの方がサスペションにはマッチングしていそうですね。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 車高調取り付け20100円(税込)四輪アライメント調整11000円(税込)