プラドにアムテックスさんのアッパーアームの交換です。

このアームによりキャンバーとキャスターの補正がよりできるようになります。

アッパーアーム交換

さてこの商品は交換まではさほどなれて要領さえ掴んでしまえばGDJでもさほど大変ではありません。

交換してキャスターの補正量を決めて取り付けをおこなっていきます。

ここまでは何の問題も無い順調な進行状況でした。

 

取り付けしてさて四輪アライメントです。

まずは数値を出していきます。

純正カムにはゆとりをもたせれるようにアムテックスのカムを調整していますのでキャスター角も問題なく調整できます。
ですがここで問題発生です。

ダブルウイッシュボーンでキャスターを寝かせるということはアッパーアームの先端部分を下げるかアームの長さを変えるかになりますがアムテックスさんのものはボールジョイントを下げてキャスターを倒すというものです。
プラドにリフトアップ車はタイヤ外形を変えている方が多くこのプラドもその1台です。
そうなるとハンドルが切れなくなってしまいます。
さてどうするかになってきます。
ボールジョイント部分の調整でキャスターをおこしてロアアーム側を前に出して調整をすると以前の状態になります。
そうなると付けた意味もさほどなくなってしまいます。
この商品はキャンバーの調整も可能なのでその部分が救いです。
キャンバーはアッパーアーム側で調整をしてロアアーム側のキャンバー調整機能はキャスター調整として使えば角度の変更もできます。
色々考えているうちにこの方法に結びつきました。

四輪アライメント調整機能が増えるのは良いですがギリギリの場合はやはり色々と問題もでてきますが無事何とか数値もよくなり良かったです。

 

それではこの度はありがとうございます。
また機会がございましたらご利用お待ち致しております。

 

参考取り付け工賃 アッパーアーム交換と四輪アライメント調整で33000円(税込)