純正のショックとスプリングの交換です。

そのほか純正部品もお持ち込みをいただいておりますが何故かゴム部品は中途半端な感じであります。
お客様に確認してみるとディーラー様が算出したそうです。
できればフロントのダストカバーにバンパークッションは最低でもあってほしかったです。

前後のスタビリンクも同時に変えますがリアのスタビリンクのブッシュもありません。
ディーラー様、なぜにきずかないって感じですね。

 

サスペンション交換

ダストカバーは走行距離21万キロですが奇跡的に破れていません。高速道路がほぼメインでの使用なのでよかったのでしょうね。

錆が結構ありますのでスタビリンクを外すのとサスペンション交換するのと対して時間が変わらないくらいでした。

ショックとスプリングは後期のものをお持ち込みされています。
後期型はダストカバーなどが違う感じですね。
となるとアッパーマウントもベアリング別体タイプの可能性はありますね。
今回は高さなどは問題ないのでそのまま取り付けしていきます。

 

リアも同じくショックも結構何とか外れたレベルです。
錆がかなりあります。
カッパーグリスを使って取り付けはしていきます。
今後の固着対応ですね。

この車両は外側はほとんどピロなので内側のブッシュ部分を1Gで締め直しをしていきます。
タイヤがついた状態でも可能ですがこの方がやりやすいので外しておこないます。
ピロボールが必要ないのはなぜって聞かれることがありますがピロボールはしくみを感がるとわかると思います。ゴムブッシュの用に固定ではなくフリーになるので動きに対して抵抗がないですね。
なのでショックとスプリングの作用がより大事になってきますね。

 

 

車高は上がりましたね。

 

試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

オーリス 四輪アライメント調整

最後に四輪アライメント調整です。

 

フロントはトーアウトになっていました。
キャンバーの左右差の修正とトーの修正をしてリアのトーの修正です。

数値はすべて基準値範囲内で左右差もなくなりきれいになりました。

 

試乗です。

ノーマルですがサスペンションが新しいものに変わるとやはり走りが気持ちいいですね。
動きの敏感さがよくわかります。

走行距離が増えた場合はリフレッシュはおすすめですね。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 サスペンション交換16000円(税別)前後のスタビリンク交換4000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)