プラドのトヨシマのワンサスの取り付けです。

ワンサス プラド

ガソリン車で取り付けすることが少ないですが要領は同じです。
乗り心地や車高の違いはディーゼルに比べるとどうなのかが気になる所です。

 

サスペンション交換作業

フロントサスペンション

赤色のプラドって初めて見ました。純正色だそうです。

まずはフロントからです。
ワンサスは一番取り付けることが多いスプリングかもしれません。
長さは少し長い程度なのでディーゼルを組むときとさほど変わらないと思います。

1G締めプラド

いつもの箇所を緩めてブッシュを緩めてまずはフロントを完了させます。
1G締め作業おこないこれでフロント完了です。

ワンサス.プラド.リア

リアはワンサスの場合は交換方法を当社は変えています。
時間の短縮のためいつも一番最短であろう方法を考えて取り付けを行っています。
緩める場所、アームの下がり具合などが把握できるとある程度は最善がだせます。

スプリングを交換して1G締めなんですがワンサスはリアのホーシング側のスプリングの幅が狭くて入りません。
とりあえずブッシュを緩めた状態でくみ上げて荷重を乗せるとバネの音がしながらはまります。
結構な衝撃があるんですよ。

はまったら1G締めです。

締め直し完了で試乗後四輪アライメント調整です。

 

 

車高の高さ

ノーマルプラド
ワンサス仕様プラド

 

やはりかなり上がっていますね。
ガソリンもディーゼルもワンサスはしっかり上がりますね。

 

四輪アライメント調整

プラド 四輪アライメント

車高が上がった分はしっかり補正をしていきます。
この補正で乗り心地も動きも結構変わります。
ただ純正のアームでは車高の上がり具合によっては限界があります。
なのでまずは必要なとことと安定感が無い中でも最善になるように調整をしています。
カムの調整幅はどこかぎりぎりの場所がリフトアップは必ずでてきます。

 

しっかりできる範囲まで調整して四輪アライメント調整完了です。

 

ワンサス取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

さて試乗です。

ディーゼルよりガソリンの方がフロントのスプリングの動きがマイルドに感じます。
ブレーキング時もフロントは若干下がる感じがします。
トーの数値は見越して修正をしていますので調整後は走りやすい感じが出ていると思います。

ノーズダイブもかなり抑えられていますので良い感じだと思いました。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 アップスプリング取り付け20000円(税別)ラテラルロッド取り付け1000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)