フォルクスワーゲン ザ・ビートル R-Lineマイスターにアイバッハのスプリングの取り付けです。

ビートル アイバッハダウンサス

サスペンション自体はゴルフ6とまったく同じなんで作業は慣れています。

 

アイバッハスプリングの取り付け

フロントアイバッハダウンサス

まずはフロントからです。
フロントはナックルごと外していきます。
DCCなどはない車両なので外すのもさほどの手間はありません。
あるとするとドライブシャフトのロックタイトがきついときがあるというくらいですが今回はかなり楽でした。

バンプ量は必要量カットします。

リアビートルアイバッハ

リアです。
リアは独立タイプのサスペンションです。
この車両はブッシュのみの車両ですがやりにくい箇所もありません。
スプリング交換して1G締めです。

 

1G締め

ビートル 1G締め

まずはストロークを1G状態で確認します。
フロントは純正よりはせまいですがあります。カット無しなら確実タッチです。
リアも完全にタッチしています。
リアは少し加工しないとバンプカットするとダストカバーが固定できないので加工して取り付けします。
ストロークも無事できました。
動かないサスペンションは乗り心地が悪化します。
動いてこそブッシュも活かして走ることができます。

 

車高の高さ

 

思っていた以上にアイバッハですが下がっていますね。
見た目もGOODです。

試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

ビートル 四輪アライメント

さて測定です。
リアはキャンバーがかなりついてトーアウト逆にフロントはトーインになっています。
国産車とは少し動きが違いますね。
さて調整をしていきます。

 

フロントのキャンバーはメンバーをずらして左右差を合わせますが現状ほぼめいいっぱいになっていました。
若干の左右差はりますが問題ないレベルです。
リアは調整が効きますのでキャンバーとトーの修正をおこないます。
数値はすべて基準値内に収まりはしましたがフロントのキャンバーは少し多めとなっていますので若干内減りが出る可能性があります。トーの数値は考慮して変更しています。

 

アイバッハスプリング取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

さて試乗です。

ストロークがありますので段差での違和感や細かい揺れがでることもありません。
せっかく良いスプリングをつけてもストロークがなければ乗り心地は悪いです。
タイヤのことを考えたセッティングでも調整前に比べればかなりよい感じです。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 ダウンサス取り付け25000円(税別) 四輪アライメント調整15000円(税別)