エスクァイアHVのサスペンション交換とTRDのドアスタビライザーとブレスバーの取り付けです。

TRD

ダウン量は2cmくらいと少な目ですね。

サスペンション交換作業

フロントサスペンション

バンプラバーもフロントは付属されていますので交換をしていきます。
ハイブリッドもワイパー回りはばらさずにできるように工具も整っていますので作業も早いです。

バンプもカットではなく交換なのでこちらも楽に作業が進めれますね。
TRDショックもKYB製なのでもともと少し短くなっている感じがしました。

ショックとスプリング、バンプラバーも交換してフロント完了です。

新車への取り付けなので一段とスムーズです。

リアサスペンション

リアはトーションビームです。
ショックとスプリングを交換するときは必ずトーションビームブッシュを緩めてからの作業をおこないます。
ブッシュへの負荷はよくありませんからね。

交換して1G締めです。

この作業でトーションビームブッシュやリアショック、フロントのロアアームブッシュを現状の車高にあうよう締めていきます。
ゴムのテンションは1G状態時にフリーがいいですね。

 

TRDドアスタビライザーとブレスバーの取り付け

ドアスタビライザー 

ドアのキャッチを交換していきます。
この商品は結構違いがでますので考えられている感じがして面白い商品です。
取り付けは説明書通りにおこなっていきます。締め付けトルクも書かれていますのでトルク通りでしめていきます。

フロアは純正のものの強化品って感じですね。
同じ形状のものが純正でもついています。

締め付けは1Gでおこないます。

 

車高の高さ

エスクァイアHV ノーマル車高
エスクァイアHV TRD仕様

 

車高はフロントがもともと低いですが均等に下がっている感じです。
なんで少し前の方が低く感じますね。

 

四輪アライメント調整

測定してみるとトーの数値は結構なトーアウトになっていました。

試乗での走行の違和感はこの部分ですね。
キャンバーはフロントは調整できますので調整をこなっていきます。
30分ほどの稼働量になりますので取り付け時より左右差もなくなりきれいな状態になりました。

トーも修正して作業完了です。

 

TRDサスペンションと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

さて試乗です。

調整前の違和感はなくなり安定感と直進性はかなりよくなりました。
なぜエスクァイアやVOXY,ノアのハイブリッドは純正で15インチなのかがいつも気になります。
TRDのサスペンションの場合ですと15インチのタイヤでは少し役不足感がありますね。
タイヤのボヨつきが感られてしまいます。
サスペンションにあったタイヤ、タイヤに合ったサスペンションがやはりいいですね。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 サスペンション交換作業16000円(税別) TRDドアスタビとブレスバーの取り付け8000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)