RCにRS-RのTi2000の取り付けと四輪アライメント調整です。

RS-R

RCは現行のGSなどと同じ形状のサスペンションで、ブッシュが多様されている車両です。

 

ダウンサス取り付け作業

RS-Rダウンサス

フロントはトヨタのダブルウイッシュボーンは大抵このタイプです。
一番慣れていますので交換の方法は完璧です。
スプリング交換してブッシュを緩めた状態にしておきます。
すべてブッシュなのですべて緩めます。

リアダウンサス

リアです。

リアはアームを1本外さないとロアアームに傷が入ってしまいますのでアームを外して交換をしていきます。
スプリングは結構長いですがGSよりは短いのでやりやすいです。
アッパーアームの内側は後ではやりにくい箇所にありますので車高のダウン量を想定して事前に行っておきます。

 

ブッシュをすべて緩めて1G締め作業です。

 

1G締め作業

1G締め

この作業で乗り心地がかなり左右されます。
ブッシュをしっかりテンションを同じにすることにより動きに違和感が少なくなります。
あとはスプリング性能ですね。

 

車高の高さ

ノーマル車高

ローダウン車高

結構下がりますね。
地上高は問題なくありました。フロアがフラットの車は余裕があります。

 

 

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整

調整箇所は前後のトーの調整が可能です。

キャンバーは前後ともに少し多めなので街乗りですとやはり内減りは避けられないです。
トーの数値を正常化することでそれでもだいぶ良くはなると思います。

 

調整して作業完了です。

ダウンサス取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

クラウン系のサスペンションはRS-Rはノーマルの感じに近いので動きに違和感はないですね。

調整前の試乗では安定感に違和感がありましたがこれも四輪アライメント調整で改善できています。

タイヤの摩耗は内減り方向なので必ずタイヤは内側を確認してくださいね。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 ダウンサス取り付け工賃18000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)