アミューズの車高調の取り付けです。

Z34車高調

エナペタルさんでO/H済みだそうです。
ビルシュタインベースの車高調でフルタップ式のモデルではない車高調です。
現状のセッティングがメーカー推奨な感じなんでしょう。
今回はフロントを1.5cm~2.0cmリアを1cmダウンほどでセッティングをおこなっていきます。

 

車高調取り付け作業

 

ニスモバージョンの車両でサスペンションはニスモのサスペンションになっています。
取り外して車高調に交換するのですがショックのロア側のネジがかなり固くて外れません。
一番ロングのスピンナーハンドルでもびくともしないのでパイプを延長して何とか緩みました。
アッパーアームなど脱着に必要ない箇所はいつもの固さくらいです。
サスペンションは一度交換してあるのでしょうね。

まずは交換です。

リアサスペンション Z34

リアも交換です。
リアはマルチリンクでショックとスプリングは別体式です。
ブッシュをすべて緩めてスプリングとショックを交換します。

取り付けしたらブッシュが効いていない状態で車高調整です。
車高は基本組よりリアは1cm、フロントは左右差がでていますので修正しつつ調整します。
アップ方向に調整です。
ご希望ほどの車高にして1G締め作業です。

1G締め作業

1G締め

かなりのハイトルクで締まっていましたのでネジの伸びなどがどれくらいあるか心配はあります。
締め直しをして試乗後四輪アライメント調整です。

 

車高の高さ

もともとノーマルでもかなり低いので2cm程度でもかなりのローダウンに見えます。

四輪アライメント調整

Z34 四輪アライメント

四輪アライメント調整は前後のトーとリアキャンバーの調整です。

フロントのトーの調整するタイロッドエンドのナットもかなりトルクで締まっていて緩めるのにこちらはバーナーであぶって外しました。

さてようやく調整です。

 

数値はキャンバー量は多少多めではありますが悪い数値ではありません。
ワインディングまでの数値の調整をご希望なのでフロントのキャンバーもナチュラルで一般的にちょうどよさそうな感じです。
トーの数値を修正して四輪アライメント調整完了です。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

バネレートも結構ハイレートなのですが硬さはさほど感じません。
スプリングとショックのマッチングがよくホイールも19インチでタイヤも硬めこれがよかったのでしょうね。
あっている感じがすごくあります。
四輪アライメント調整で安定感もかなり向上して走りやすいです。

運転が楽しくなる感じがしました。

それではこの度は京都府よりご来店ありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 車高調取り付け作業18000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)