ゴルフ7にCOXのスプリングになります。

COXのスプリングはダウンサスと言うよりはパフォーマンス重視のスプリングになりますのでダウン量もすくないです。

このゴルフはDCC付きになりますのでスプリングの相性はどうでしょうね。

ゴルフ COX

サスペンション交換作業

フロントサスペンション

ゴルフ7ももうかなりの台数をこなしましたので作業もかなり早くできるようになりました。
それでも国産車のストラットに比べると大変なんですけどね。
さて車高はあまり下がりませんが純正に比べればやはり少しは下がります。
今回はバンプラバーの量を調整のため少しだけカットします。
ナックルごと外して取り付けなので重いですがナックルを無理に広げなくてもよいので負荷はかかりにくく取り付けできます。

リアサスペンション

リアはアッパーマウントも交換なのでショックを外します。
走行距離が80000キロくらいなのでアンダーライナーにそれなり砂が結構ありこれが一番苦労しました。
リアは異音があるそうで見ながら交換を行いましたが悪い部分がそこまで見当たりませんでした。
こすれる音がするそうです。

 

アッパーマウントとスプリングを交換したら1G締めです。

 

1G締め作業

1G締め作業

1G締め作業での変化は大きい車両になります。
しっかりおこないます。
ゴルフはそこまでやりにくい場所もありませんので問題なく作業完了です。

 

車高の高さ

ゴルフ
ゴルフノーマル車高
COXローダウン
ゴルフCOXスプリングローダウン車高

 

車高の変化も少ない感じですね。
試乗後四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

四輪アライメント ゴルフ

四輪アライメント調整は前後のトーとリアのキャンバーの調整ができます。

そのほかのフロントのキャンバーとキャスターは微調整は可能ですがメンバーをずらしますので左右差を合わせる程度の調整になります。

リアの数値とフロントのトーの数値がローダウンした分悪くなっています。
しっかり調整ができますので調整していきます。

現在のタイヤの内減りが結構ひどい状態になりますのでどこまでの数値がよいのか迷うところもありますがCOXのスプリングを入れたということは少しパフォーマンスを上げたいというとこになると思いますのでい数値は現状の車高できまるゴルフの数値でセッティングをおこないました。

調整完了で試乗です。

 

COXスプリング取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

走りはよい感じですね。
DCCのショックもどのあたりまで乗れるのかわかりませんが現状では抜けている感じの違和感は全くありません。
異音も現状はない感じです。
調整後の方がかなり安定感アップして走りやすい感じに仕上がりました。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 スプリング交換25000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)