走行距離は多いですがサスペンション交換済みだそうです。
フロントとリアは別のところで取り付けをおこなっているそうです。

フロントは純正ビルシュタインに純正スプリング新品でリアはエルシュポルトのショックに今までの純正スプリングの取り付けです。

スプリングもショックと同じだけヘタリますのでリアは同時に新品交換される方が良かったかもしれませんね。

1G締め作業

1G締め レボーグ

まずは1G締め作業です。
締め直しはされているのかはわからないそうですがまずはブッシュをしっかり正常にします。
その時築いたのですがエルシュポルトはビルシュタインのショックを使っての商品です。
社外のビルシュタインはスプリングの受け皿が動きます。純正は動きません。動かないと言うことは左右同じショックを使いますのでスプリングのいちは決まってきます。
なので当店ですと基本的に純正の向きと同じようになるようセッティングするのですがこの車両の取り付け方は左右全然バラバラのいちにセッティングされています。
こういうのが気になりますね。純正は動かないので指定はないのでどこでもOKと言われればそれまでですが・・・

 

さて1G締めを終えて四輪アライメント調整です。

ディーラー様でサイドスリップは図っているそうです。

四輪アライメント調整

四輪アライメント レボーグ

数値はさほど悪くはありませんね。数値がわからないで乗っていると良いのか悪いのかわからないので気になりますね。
数値ででて現状がわかると乗る気持ちも変わります。

さて調整可能箇所は前後のトーとフロントのキャンバーの調整が可能です。
調整可能箇所は左右差と数値を純正基準値におさめていきます。
今回現状のタイヤがヒールアンドトゥ現象を起こしていましたのでフロントは左右を入れ替えて回転方向をあわせて置きました。
この細かい段差が振動やロードノイズなの影響になります。

調整後の試乗です。

エルシュポルトは収まりがいいですね。
リアの方が収まりが良い感じがします。
フロントはスプリングを交換している分反発力は結構ありますので機敏性がありますね。

走りも安定感も問題ないと思いました。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 1G締め6000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)