WRXにSTIパーツの取り付けです。

スプリングとラテラルリンクです。
リアの下回りピロ化になります。

STI

サスペンション交換作業

フロントサスペンション

まずはフロントからです。
S4はスプリングの巻き数が少し多いので取り付けしやすいですね。
STIと形状もよく似ています。
交換して取り付けです。
フロントのストラットボルトが固着気味なので銅グリス付着です。35000キロなんですが神奈川でも海沿いなんでしょうかね。気になるところです。

リアはラテラルリンクとスプリングの交換です。
作業自体はほぼ別作業になりますが取り外して交換を行っていきます。

ラテラルリンクでトーロッドとロアアームがピロ化されます。これによりよりブッシュのたわみがなくなりますので数値のセッティングで車もかなりシビアになってきます。
ピロ化されるということはブッシュの抵抗もなくなりますのでサスペンションの動きがより重要になってきます。
最近のマルチリンクはブッシュも結構便りにしているのでSTIでまとめたときの動きはどうでしょうね。
この車両はリアのキャンバーが調整できるように加工がされています。
調整場所はロアアーム内側になりますので左右差がでるとショックの傾きにも影響がでますね。
外側のナックル部分に加工ができるものが本当は良かった気もします。

さてアームとスプリング交換を終えてアッパーアームなど1G締めをおこないます。

 

1G締め作業

1G締

重要な作業です。
ピロ部分は必要はありませんが締めるときは一度におこないます。
フロントのロアアームやアッパーマウントの取り付けネジなども1Gで締め付けます。
これでサスペンション交換完了です。

車高の変化

 

試乗後四輪アライメントです。

 

四輪アライメント

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整はリアのキャンバーができますので前後のトーとキャンバーの調整ができます。
今回はタイヤの状況や以前の数値をある程度確認をさせれいただき考えて調整をおこないました。
少しキャンバーは残しつつ素直な感じになるようにセッティングをおこないましたので初期の基準としては良い数値だと思います。
あとはご自身に合ったセッティングにだんだん持っていくといいと思います。
現状のタイヤは変摩耗が多いのでまずはタイヤを変えてからの走行がベストだと思います。

 

STIパーツ取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

さて試乗ですがリアはさすがに動きがでますね。
コーナーは少しロール量は増える感じがあるかもしれません。
STIのスプリングとバンプまでの距離で粘り度はかなりでそうな感じはしますね。
固い車両と言うよりは動きのある車両にはなっていますね。

調整前はさすがに数値もひどいため動きもいまいちでしたが調整後は安定感もよい感じの仕上がりです。

 

それではこの度は神奈川県よりご来店ありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃

STIスプリング交換16000円(税別)STIラテラルリンク交換6000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)