ルークスにファイナルコネクションの車高調の取り付けです。

車高調

結構固さのある車高調ですね。
この型のルークスはワゴンRと共通しているのでサスペンションはワゴンRと同じです。

 

車高調取り付け作業

フロント車高調

まずはフロントからです。
いつもはコンピュータを止めてあるネジを外すのですが今回はいろいろ配線がありますのでそのまま行います。

ファイナルコネクションの車高調はアッパーマウント付きなのでごっそり交換します。
純正のアッパーマウントのブッシュガタがでていましたので同時交換の車高調でよかったですね。
高さは最低地上高で調整をおこないますがこの車高調そこまで下がりませんのでリアを全下げにしてフロントを合わせます。

リア車高調

リアはトーションビーム形状です。
ショックとスプリングが別体式です。説明書が汎用で何も指定なしなのでセッティングは当店のセッティングでおこないました。
ショックの長さですがこの車高調はスプリングとショックの長さがいまいちなのでストロークを考えて調整していきます。あまり縮側ばかり意識するとショートストロークになりすぎて路面の応答たコーナーでのロール時のリタッチが出てしまいますのでシビアな調整になります。

調整が終わり1G締めをおこない作業完了です。

車高の高さ

ルークスノーマル ルークスローダウン

車高の高さはリア全下げでも指1本半くらいの車高です。
最低地上高も11.5cmありますので高さ的には問題ないですね。

試乗後四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

四輪アライメント

この車高調ですがフロントのストラットのロアブラケットは長穴仕様になっていてキャンバーの調整が可能になってます。
またこれがひどいんです。
調整穴をMAXでおこすとポジに2度以上、全開でねかすと20分くらいです。
ローダウン目的もしくはノーマルの代替えで考えて作ってあるのならこの動き幅は間違っていますよね。
メーカーも修正してこないということはしらないもしくは知っていても気にしないと言うスタンスなんでしょう。こういった所がにつまっているところは説明書もありますね。
この車高調の固さでは少し物足りない感じの使用になってしまいますしキャンバー量に対してのふらつき感も出てくる可能性はありますができるところまでしっかりおこない調整しました。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

減衰力最弱で十分ショックの効いた走りになります。ショックが固すぎて車に乗り込んで降りるだけで車高に左右差がでます。また中央でゆすって車高が合います。少しならせばぎくしゃく感は消えてくるきもしますので少し慣らしがいる感じですね。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃

車高調取り付け14000円(税別)ラテラルロッド取り付け1000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)