BRZにHKSさんの車高調マックスIV GT 20 SPECの新しい車高調です。

HKS車高調

MAX IV GTに対し、最新のセッティング技術を投入し、安定性と快適性を向上させ、走りの質感を進化させました。

伸び側の減衰力を下げ、積極的に伸ばしていくことでサスペンションをスムーズに動かし、接地性が向上。確かな手ごたえとジワッと動く味わい深いフィーリングを実現することが出来ました。

縮み側はしっかりと減衰させ、無駄な動きを排除することで、よりフラットな乗り味へと進化させました。

凹凸の激しい荒れた路面でもサスペンションが固まることなく、唐突な動きも出にくいので安心感がアップ。安定性の向上や追従性の良さ、フラットな乗り味を追求しました。

スムーズに動くようになったことで荷重移動がしやすく、クセのない自然なステアフィーリングをお楽しみいただけます。

リアのストロークをアップさせ、スタビリティとトラクション性能を改善しました。

新たに採用したソフトタイプのバンプラバーによりスタビリティと乗り心地を改善しました。

引用元:HKS様

現在HKSさんのSPがついていますがどのような変化になるでしょうね。

車高調取り付け作業

フロント車高調

車高は現状維持で取り付けをおこないます。
HKSさんの推奨より5mm下げでおおよそお客様の数値になります。
HKSからHKSさんなので部品も共有できますが今回はすべて交換をおこないます。
現在装着の運転席のロックシートが緩んでいました。

リア車高調

リアの取り付けです。
リアも1G締めがしてある感じがありますが助手席側のアッパーアームのネジが緩んでいました。
全体的に締め付けトルクが弱い感じですね。
車高の高さはリアに左右差がありましたので少し修正をおこないフロントは5mm下げで元の車高になりました。

調整範囲も許容範囲なので走りに影響はなさそうです。

1G締め

1G締め

さて車高の高さが決まったら1G締めです。
フロントのロアアームはやっていない感じですね。

その他も部分的にやってある感じがしますがよくわかりません。
全箇所しっかりおこない1G締め完了です。

試乗後四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

四輪アライメント

さて四輪アライメント調整です。

現在ミシュランのパイロットスポーツ4が装着されています。
タイヤもよいタイヤなので今回は数値も車高が楽しめる数値にセッティングを行おうとも思ったのですがタイヤの内べりがあるそうなのでそこまで過剰にはしません。
リアのキャンバーの数値の左右差とリアについているタイヤの変摩耗が気になります。

30分は左右差がありますので純正では許容範囲内なのですが動きのすくない車高調にとっては影響はありそうです。
この数値の違いがどこから出ているのか見てもわかりませんでした。
できるところまで調整です。

フロントは最近のHKSさんのブラケットはキャンバーの調整幅が少し増えた気がします。
十分ロアブラケットのみでも走れる数値へのセッティングが可能ですし街乗りの数値も可能です。
ちょうどよい動き具合なので計算されているんでしょうね。

しっかり調整して作業完了です。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

タイヤもミシュランと言うこともありサスペンションの動きはヨーロッパ車のゴルフRなんかのスポーツからレースモードで乗っている感じの動きをします。ショックの効いた感じでコントロールがしっかりできる感じです。
この車高調はGTSpecAともSPとも乗り味が違います。結構街乗りよりでワインディングでも十分対応できる楽しさがあると思いました。

リアのキャンバーの違いは街乗りではあまり感じませんがワインディングでは少し感じるかもしれませんね。

そして差し入れの方いただきました。

三徳や

まんじゅうとようかんをいただきました。
岡崎市の三徳屋さんのかたでまんじゅう屋さんはこれで2人目でした。
甘いもの大好きなのであとでいただきます。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃

車高調取り付け18000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)