フォレスタにJAOSのアップスプリングの取り付けです。
結構車高があがりそうな予感がしました。

JAOS アップスプリング フォレスタ

サスペンション交換作業

SJ5 JAOSスプリング交換

まずはフロントのサスペンション交換です。
フロントはストラットタイプにSJ5フォレスタはなります。

JAOSと純正スプリングの長さが結構違いますので組付けは久々に苦労しました。
長さは結構あり巻きが荒いのでなかなか手ごわかったですが無事取り付けできました。

フロントの感じからしっても伸び側はまストローク不足になること間違え無しですがどれほどの影響を受けるかですね。

リアスプリング交換

リアはマルチリンクになりますのでブッシュ部分を緩めてアームを外せば交換できます。
リアスプリングの長さはさほど長くはないので交換はノーマルのスプリング交換とさほど変わりません。
巻き数は結構多い感じになりますね。乗り心地を考えてのことでしょう。

さて1G締めです。

1G締め作業

1G締め作業 SJ5

この時点で車両の車の下がり方を見てもリフトアップ時と車高はさほどかわりません。
となると伸び側のストロークはほぼないに等しいでしょうね。
純正のスプリングとは違いますんで巻きの細かい部分は動きが柔らかいはずはのでまだ動きはできると思いますが気になります。

試乗後四輪アライメント調整です。

車高の高さ

純正ショックの上り幅では限界でしょうね。
見た目の違いがかなりでましたので4WD車って感じですね。

四輪アライメント調整

フォレスタ 四輪アライメント調整

さて四輪アライメント調整です。
まずは数値がとんでもないことからまともに走れませんので走れるようにすることからです。
調整ですが前後のトーとフロントのキャンバーの調整が可能です。

さてフロントはキャンバーとトーの数値は問題ない数値まで調整ができました。
ですがリアのトーは基準値までもいきません。
左右差もありましたので何とかメンバーをずらしてでもと思いおこないましたがそれでも調整範囲めいいっぱいでまだトーアウトです。これではストロークのなくなってリアキャンバーがない状態のマルチリンクで安定感も直進性も当然ですがノーマルまでもいきません。リフトアップ車の宿命のようなものですね。
ローダウンの方がバンプの加工などまだ有余がりますがアップは無理です。
部品交換無しでは現状めいいっぱいになります。

 

アップスプリング取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

アップスプリングの場合は絶対と言っていいほどノーマルより動きがよくなることはありません。
これはストロークの関係があります。リバンプ時の動きに余裕がないので車がふらつきアップした分アームの角度にキャンバーがつけられないためマルチリンクなどはふらつき感がでてしまう。見た目をとるか走りをとるかの究極の選択になってしまいますね。
現状のできる範囲めいいっぱいまでの調整をおこなっていますので今後の安定感の改善にはリアの調整式ロアアームなどが有効ですがストロークの変更ができるショックがまずは欲しいところです。
まだJAOSのスプリングは異形スプリングなのが救いでしたね。これが純正のような形状でしたらもっと安定感はないでしょうね。
ですが見た目がかなり変わりますので人とは違う優越感や運転中の見晴らしなども楽しみもあります。

選択は難しですが面白いですね。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取り付け工賃

アップスプリング取り付け16000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)