プラドにFJクルーザーのショックとモトレージの1cm上げのスペーサーの取り付け、その他にスタビブッシュ前後とリアのスタビリンクの交換です。

プラドはノーズダイブがかなりありショックがかなり柔らかい車両なのでFJ用のショックにかえるだけでもかなりの乗り心地に違いがでてきます。

まずは交換をしていきます。

 

ショック交換作業

 

さて走行距離が10万キロに達していますので今回はその他のアッパーマウントなども同時に交換していきます。

ショックはFJ用のKYBNEWSRです。NEW SRにするだけでも動きに違いはでますのでより純正よりは違いがでるでしょうね。

 

前後のショックを変えていきますがやはりトップナットはサビで外すのが結構たいへんです。
処分でのご依頼をいただいておりますので最悪はカットして外すことも考えましたが手間も考えるとなんとかインパクトでも何でも使って早く外せる方法で外します。

無事外して交換できました。

その他スタビブッシュ(純正)とリアのスタビリンク(GMB)も交換をしていきます。
スタビブッシュは薄くグリスアップでボルトはロックタイト付着で取り付けをしていきます。
純正にロックタイトが塗ってあるので同じ様にします。
スタビリンクは純正タイプなので純正のようにつけます。

さて取り付けして1G締めをおこないます。
サスペンション交換なので前後しっかりおこなっていきます。

車高の高さ

 

車高はフロントが15mmほど上がりました。
ヘタリの分もリフレッシュで上がったかもしれませんね。

試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント

動きはかなりノーズダイブが収まってプラドの感じではなくなっています。
なので今回は数値変更をしておこなっていきます。

FJに寄せての数値にしていきます。その方がのりあじ的にはあっている感じがしました。

 

フロントを全箇所調整して数値も良い状態へとなりました。

 

サスペンション交換と四輪アライメント調整後のインプレッション

 

さて試乗です。

動きはかなりノーズダイブも抑えられていて少し硬めの感じがしますはKYBの場合は少し乗ると初期の動きはマイルドになってくると思います。
走りやすさと安定感はしっかり出ている思います。

今後はFJのサスペンションがタイヤにどう影響がでてくるかは経過は必要になるともいますが今までのようにタイヤの外減りはだいぶ良くなってくるとは思います。

それではこの度はありがとうございます。
また機会かございましたらご利用お待ちしております。