右リアをぶつけてサスペンション交換をおこなったそうです。

アーム類はほとんど交換されていますね。

四輪アライメント調整

さて測定をしてみるとリアの数値はかなりひどいです。
まともに走れる状態ではないですね。

フロントのキャンバーも1度くらいの左右差があります。

今回はサーキットでの仕様しかほとんどしないそうです。
使用用途はドリフトです。

 

まずは数値を正していくことに重点をおいて作業をしていきます。
リアに関しましてはカムの位置が左右逆で左右差がとれるレベルです。
となると他も原因がありそうです。
今回は数値はでましたので動くに関しては左右の違和感はなくなってくると思いますが走りはスピードが上がると安定感は劣ってくる可能性があります。
基本的にサーキットしか走行をしないそうなのでそこらへんは問題ないそうです。
フロントは左右差をとってカムの位置も左右同じくらいです。よい感じです。

 

調整完了で試乗です。

ご来店時のような違和感はありませんが直進性はドリフト仕様にしただけあって少な目ですがおおよそイメージ通りまではいけているのではないかとは思います。

あとは走ってタイヤや動きで数値を合わせていくのがよいですが現状の車高ですとキャンバーがめいいっぱいのためキャンバー角を考えるのであれば車高がダウンが必要になってくると思います。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 四輪アライメント調整10000円(税別)