フリードハイブリッドにブリッツの車高調の取り付けです。
車高の高さは最低地上高確保となります。

ブリッツ車高調

減衰力中間でのセッティングで調整します。

 

車高調取り付け作業

フロント車高調

フロントの車高調取り付けです。
アッパーマウントのネジが錆びで緩みませんのでワイパー回りを外してしっかり力がかかるようにして緩めます。結構時間を費やしてしまいましたので時間に押されそうです。

車高調組みくけでブリッツの寸法通りつけると2mmくらいのスプリングに遊びができてしまいます。
車検もまじかと伺っておりましたのでセッティング変更です。
もともとブリッツのセッティングはつめが甘いのでいつも直して取り付けをしていますので問題ないですがスプリングが遊ぶのは問題ですね。

リア車高調

リアはトーションビームです。
スプリングとショック別体での取り付けです。
車高の高さは推奨で希望通りくらいになりました。

1G締めをおこない作業完了です。

 

車高の高さ

フリード

車高の高さは一番低いのはアンダーカバーです。アンダーカバーは最低地上高に入りませんのでその他で一番低い部分を探しますとマフラーですね。マフラー部分で10cmで現在調整してあります。

アンダーカバーはちなみに5cmです。

試乗後四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整

さて四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整可能箇所は前後のトーとフロントのキャンバーです。

リアのトーはサブフレームを動かして左右差を近づける方法になりますので数値を基準値にっていうのは少し難しいです。あくまで現状より良くなるようにの調整になります。

フロントのキャンバーはブリッツの車高調はブラケットにキャンバー調整機能がついていますのでしっかり調整ができます。スポーツカーでもないですが純正数値ではサスペンション交換の動きもロアアームの角度も違いますので基準値に合わせても走りもタイヤにおよくありません。
ある程度の動きを把握して調整をおこないました。どちらかと言えばタイヤ優先の数値です。

あとはフロントのトーを調整して作業完了です。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

現在ノーマルのタイヤなので少し柔らかい感じはしますが今後インチアップするそうなので少し硬さは純正に比べればでそうな感じがします。段差での反発力は少し強い感じがする車高調です。

減衰力を好みに合わせればインチアップにも対応できそうだと思います。
四輪アライメント調整前の数値が悪すぎてまともに走れませんでしたので調整後は気持ちよく走れるようになったとおもいます。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取り付け工賃

車高調取り付け工賃18000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)