イグニスにリフトアップスプリング タナベさんのUP210の取り付けです。
イグニスも珍しいですがリフトアップも珍しい車両です。

タナベさんもバネの種類が豊富ですね。

 

アップスプリング交換

フロントアップスプリング

スプリングの長さは若干長いですが組みづらい長さでは無いです。
バンプ加工なども無いので交換は外して取り付けするだけです。
ストラットボルト部分の動きは多少ありますのでキャンバー調整の幅も少しありそうですがリフトアップ量によっては少し厳しくなってきます。

リアップスプリング

リアも外して取り付けのみです。
イグニスはトーションビームのサスペンションです。
フロントの形状はアルトワークスなどと同じでリアはスイフトににていますね。

トーションビームやリアショックの取り付け部、フロントのロアアームの1G締めをおこない取り付け作業完了です。

 

車高の変化

ノーマル タナベアップスプリング装着

車高の高さはフロント3cmアップでリアは3.5cmアップでした。
結構上がっていますね。

試乗でも目線の違いがありました。

試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整

さて取り付け時はキャンバーが全開で起こしてありますのでポジに1度以上になっています。
この数値では走りも悪いですし何よりタイヤの変摩耗がでてしまいます。
ボルト部分の調整でポジに30分になりました。
おおよそ30分ほどのポジなのでアップスプリング取り付けでのロアアームの角度であれば問題もないです。
ですが社外のスプリングで純正のショックの限界に近いところまで上げているわけですから硬さも少しありますし沈み込み、上りも少ないです。なのでこのポジのキャンバーが動きに対してどう出るかです。
今回はこの数値で様子見です。

トーの数値もしっかり調整して作業完了です。

 

アップスプリング取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

さて試乗です。
段差での上の突き上げは多少ありますね。ストロークがぎりぎりな感じです。
調整前のポジな感じに比べるとかなり乗りやすくなっている感じがあります。

タイヤは外の減りがあまりに多い場合は純正補正ボルトなどもおすすめです。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取り付け工賃

アップスプリング取り付け14000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)