プリウスの1G締めと四輪アライメント調整です。
現在はDIYでアローズの車高調を組み込みされたそうです。

四輪アライメント調整

 

まず試乗時にかなりの数値の狂いがある感じがしました。
ハンドルは切ったら戻ってこないしハンドル自体も重たいです。
まずはリフトに入れ測定です。

やはり想像していた数値でした。まともに走れないレベルの状態です。
このアローズの車高調はピロアッパー調整式とブラケットも長穴仕様のなっています。
お客様はキャンバーの量が気になっておられましたがそれよりなによりトーの数値です。
キャンバーもトーも修正できますので調整後は気持ちよく走れるようになりそうです。

まずは1G締めです。
アンダーカバーを外してフロントはロアアームの1G締めをおこないます。
リアはタイヤの間からおこないトーションビーム部分のブッシュを締め直しします。
リアショックを1G締めして四輪アライメント調整です。

まずはキャンバーの修正です。アッパーマウントは現在中立の位置にありますのでアッパーの位置は変更せずロアブラケットでキャンバーの調整をおこないます。
ジオメトリーの変更はタイヤロアアームとの角度の違いでうねり音がでたりします。
なのでローダウン車にキングピンの修正はよほどがないとおこなわないです。

まずは純粋にキャンバー角をブラケットで調整します。
十分車高調仕様で街乗り最適まで調整ができました。トーの数値の戻りもキャンバーを戻してくるとわかります。その戻る量で最適な位置を見つけます。あとは車高調の動きを考えて数値を修正して完了です。

調整後の試乗です。

ご来店時とは全く違っています。これでしっかり乗れる感じになりました。
リアのストロークが前後のバランスを考えると少ないのでお客様に調整方法をご説明させていただきました。
DIYで取り付けされていますので車高調に関しては理解されていると思います。
ストロークの変化で乗り味もアローズの最適になると思います。

それではこの度はありがとうございました。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取り付け金額 1G締め3000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)