現在オーリンズの車高調が装着されています。
今回は純正ビルシュタインにTOHATSUスプリングの装着です。

ビルシュタイン

車高調よりノーマル形状への交換ですね。

サスペンション交換作業

サスペンション交換

車高調からノーマルショックへの交換はまずブッシュをすべて緩めて作業をおこないます。
その方がショートストロークのショックからの交換は早いです。
無理やり入れ込んでもあとでどのみち1G締めをおこなうのなら楽な方がですね。

リアサスペンション

リアも同じく交換です。
リアも全箇所ブッシュを緩めれば交換は車高調でもノーマル形状でも同じです。

現状のビルシュタインショックも中古のため現状の走行状態がわかりません。
組んでみて走行して初めてわかりますので試乗までドキドキです。

1G締め作業

 

1G締め

サスペンション交換を完了させるには1G締め作業で完了になります。
レガシーもこの型まではスバルオリジナルって感じがしていましたね。
全箇所しっかりおこない試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

四輪アライメント

四輪アライメント調整は前後のトーとフロントのキャンバーの調整になります。
リアのキャンバーは車高が下がっていますので少し基準値よりは外れていますが問題ないレベルです。
フロントのキャンバーもローダウン用にセッティングをおこないました。
トーを前後合わせて調整可能箇所はすべて調整し四輪アライメント調整完了です。

車高

サスペンション交換と四輪アライメント調整後のインプレッション

中古の場合はまず異音がないかが特にきになり続いてショックの抜け具合などが気になります。
スプリングのへたりなどは中々わかりにくいので動きだけで判断をすることになります。

今回は抜けている感じもなく走行できている感じがしますので良かったですね。
四輪アライメント調整で数値もでていますので安定感も十分出ていると思います。

中古の場合はあとどれくらいもつのかなど全くわかりませんが現状はOKだと思いました。

それではこの度はありがとうございました。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取り付け金額

サスペンション交換作業16000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)